h_logo
ファイナンシャル・プランナー 菊地美亜
column_pict000711

2016年2月から導入されたマイナス金利の影響で、住宅ローンの全期間固定金利(【フラット35】)が過去最低1.250%(返済期間21年以上、融資率9割以下)となりました。金利がこれまでに例を見ないほどの水準に下がっているので、全期間固定金利への借り換えを検討してみるのも良いでしょう。

マイナス金利の影響で預金金利は過去最低に

日銀のマイナス金利導入は、私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。そのひとつは預金金利です。マイナス金利導入により預金金利を引き下げる金融機関が出てきました。現在、普通預金の金利は0.001%と、限りなくゼロに近い水準まで低下しています。預金金利のさらなる低下で、利息は期待できなくなり、預金者にとってあまりメリットはありません。一方、住宅ローン金利の引き下げはメリットといえるでしょう。現在住宅ローンを組んでいる人も、住宅ローンを見直す良い機会となりそうです。

今こそ全期間固定金利への借り換えが魅力!

2016年3月、全期間固定金利で代表的な住宅ローン商品【フラット35】が史上最低金利となりました。【フラット35】は住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している最長35年の全期間固定金利の住宅ローンで、10年国債の利回りにほぼ連動して金利が決定されます。金利が最終返済まで変わらないため、返済額が上がる心配もなく、返済計画が立てやすいことが魅力です。短期プライムレートに連動する変動金利(半年型)と比べ、適用金利が高いことがデメリットとしてあげられますが、10年国債の利回りが過去最低を更新したことに伴い、【フラット35】の金利も過去最低金利となっているので、全期間固定金利への借り換えは今がチャンスといえるでしょう。

では、ここで過去最低を更新した住宅ローンの金利に借り換えると、どれぐらい返済額が変化するのか、具体例から見てみましょう。

<借り換え前のローンの条件>
2014年3月に【フラット35】で借り入れた人が、今回借り換えする場合(2016年3月金利)
・現在のローン残高:2,873万円
・残りの返済期間:33年0か月
・適用金利:1.74%(全期間固定金利)
・返済方法:元利均等返済、ボーナス返済なし

これを、金利1.25%(全期間固定)のローンに借り換えたとすると、返済額は次のようにわります。違いがわかりやすいよう、表にしてみました。

 

00071

なお、借り換えにあたっては、現在借りている金融機関へ支払う完済手数料や経過利息、団信特約料(初回)などもかかる場合がありますので、金融機関でしっかり確認しましょう。
上記のように、【フラット35】から【フラット35】へ借り換えた場合、諸費用を約83万円支払ったとしても、総返済額は約192万円安くなります。団体信用生命保険の特約料も借り換え後の方が負担は減ります。団信特約料は残高に対して支払い金額が決まるため、金利が低いローンに借り換えれば、残高も早く減り、団信特約料も負担が少なくなるというわけです。また、なるべく早く返済したいという人は、現在と同じくらいの返済額で借り換えすれば、返済期間を短縮することもできます。

借り換えのメリットを最大限に活かして

マイナス金利の影響で、これまで以上に普通預金や定期預金の金利が下がり、預金でお金を増やすことは、ほとんど期待ができなくなりました。しかし、家計を見直し、支出を抑えることは、努力次第でやれる余地があるのではないでしょうか。中でも、住宅ローンを利用している方は、マイナス金利の影響で史上最低水準を更新した住宅ローン金利で、ローンの借り換えをした場合、どの程度、支出を減らすことができるか、検討してみてはいかがでしょうか。

●関連記事
・【フラット35】から【フラット35】に借り換えて返済負担を減らす!
・知る人ぞ知る!【フラット35】(返済期間20年以下)の魅力
・今こそチャンス!低金利水準下ならではの全期間固定金利型への借り換え

●住宅ローン情報
今月の【フラット35】最新金利情報を見る
最新金利で住宅ローンシミュレーション【無料】
お近くの店舗で専門スタッフへ相談したい方

h_logo
菊地美亜

FP×Writing Office Silver Spoon代表。立教大学大学院経済学研究科博士課程前期課程修了(会計学修士)。日本FP協会認定AFP、2級FP技能士。
ファイナンシャルプランナー兼ライターとして、大手電気料金比較サイトを中心に数多くのWebサイトの運営に関わる。
『わかりにくい知識を、一人でも多くの人に、可能な限り分かりやすく伝える』を目標に、鋭意活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう