月々の収入をどのように使うのかは人それぞれですが、オシャレや趣味のためだけでなく、住宅資金や老後資金など、将来に備えて貯金することも大切ではないでしょうか。また、結婚を考える女性はそのための資金を貯めることも必要かもしれません。実際、未婚女性はどれくらいの蓄えを持っているのか、気になりますよね。そこで、20~40代の未婚女性を対象にアンケートを取ってみました。

【質問】
20~40歳の未婚女性100人に聞いた! あなたの貯金額を教えてください。

【回答数】
100万円以下:61
101万円~200万円:10
201万円~300万円:10
301万円~400万円:4
401万円以上:15
201万円以上:10

100万円以下が最も多い! コツコツ貯めることがポイント

アンケートの結果「100万以下」と答えた人が最も多いことがわかりました。

【100万円以下】

・小さい頃からのお年玉は必ず毎年最低でも5,000円は貯金していました。その他はバイト代を貯めたものです。(20代/女性/学生)

・アルバイト、ネットビジネス、在宅ワークなど、アンケートモニターなど。(20代/女性/学生)

・ボーナスもない会社で勤務しているので毎月の給与から、月々貯金をしています。(30代/女性/会社員)

・お給料の中から、月々少しながら定期預金への積み立てをしていました。(30代/女性/パートアルバイト)

・小銭貯金(硬貨関係なく)をしている。また、買い物メモを作って考えて買い物するようにしている。(20代/女性/無職)

・1か月の予算をあらかじめ決めておき、貯金分を先取りしておく。週の終わりにお財布に入っている小銭を貯金箱に貯めていく方法で貯めました。(40代/女性/会社員)

・現在貯金30万円くらいです。引っ越しの時に親にまとまったお金をいただいて、その貯金です。(30代/女性/自由業・フリーランス)

こちらの回答者には、学生を含め比較的若い世代が多いようです。子どもの頃からの「お年玉」のほか、アルバイト収入を貯金する傾向もうかがえました。アンケートモニターの収入を貯めていくと大きくなりますよね。ボーナスが期待できない人からは、月々の収入のみでやりくりする必要性が見て取れます。また、収入から貯金分を先取りしたり、小銭貯金をしたりする方法もあるようですね。このように、日頃からの積み重ねが貯金につながる様子がわかる結果となりました。なお、臨時収入(親からの援助など)に手を付けないこともお金を貯めるポイントではないでしょうか。

お金を貯めるためには日々の努力が大切! 貯金先や支出管理も

アンケートの結果、「401万円以上」に次いで「101万円~200万円」「201万円~300万円」「301万円~400万円」の順となりました。

【401万円以上】

・結婚を諦めた時期からボーナスをほとんど使わずに貯金していた。(30代/女性/パートアルバイト)

・いくつか預金口座はありますが、一番活用しているのが、会社の給料天引きの貯金です。 利率も一般の銀行よりもかなり良く、給料天引きなので強制的に貯金されます。(30代/女性/会社員)

【101万円~200万円】

・お給料から毎月決まった額しかおろさず、それ以外は貯めるという方法をとりました。(20代/女性/会社員)

・特に方法があるわけではなく、毎月の残りの積み重ねで貯まりました。(20代/女性/学生)

【201万円~300万円】

・最近やっと200万円を越えました…。かなり遠い道のりでした。(30代/女性/会社員)

・必要以上に銀行からお金をおろさない。必要な物以外は購入しない。財布にお金を入れない。地道にコツコツと通帳に預金する。(30代/女性/パートアルバイト)

【301万円~400万円】

・定期預金にしたり、簡単に引き落とせないようにして積み立てして貯めました。(40代/女性/契約派遣社員)

・年100万円を貯めるのを目指して貯めた。また、家計簿をつけて、支出を管理した。(30代/女性/学生)

401万円以上貯めた人には、会社の天引き貯金を利用した人やボーナスを全額貯金した人がいるようです。金利が良い金融機関に預けることも大切かもしれません。毎月決まった金額でやりくりする人(101万円~200万円の回答者)や、目標額を決めて達成した人(201万円~300万円の回答者)もいることがわかりました。簡単に引き出せない形で貯金する(301万円~400万円の回答者)など、お金を貯めるためには日々の努力が必要ではないでしょうか。そうすることで、年齢に関係なく、まとまったお金を貯められると言えるようですね。

日々の金銭管理が貯金に結びつく! 住宅購入資金準備の参考に!

アンケートの結果、「100万円以下」と答えた人が最も多く、全体の約6割を占めることがわかりました。20~30代の若い世代が目立つことも大きな特徴のようです。また、金額の大小問わず、給料からの天引き貯金や、決まった金額で生活費をやりくりするなど、お金の管理をきちんとすることが貯金に結びつく様子がうかがえました。1人で生きるために意識して貯金する女性の体験談にも注目できます。みなさんの中には住宅の購入資金の貯め方に悩む人もいるかもしれませんが、そんなときは、こちらに寄せられた貯蓄法をヒントにしてはいかがでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【年齢】20~40代 【結婚】未婚
■調査期間:2016年10月14日~2016年10月28日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
約9割が「老後の経済力」を不安視。働く女性のお金事情に関する意識調査
25歳は素敵な大人の女性への分岐点! 資生堂が25歳女子のイマをアンケート
働く女性の貯金に関する調査を実施。 独身OLの貯金事情とは?金額&目的は?

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう