大分から上京し、東京都内で働くHさんは、故郷で暮らすお母様と妹さんのために住宅購入を決意しました。東京にいるHさんと大分で暮らすご家族が連携しての家探しから、親族居住用住宅のローンを組む苦労、現在の暮らしまでを追います。

1027_main1
◆Hさんプロフィール
<名前>Hさん/<性別>男性/<年代(購入時)>20代後半/<職業・業種>情報通信業・技術職/<雇用形態>正社員/<年収>750万円/<家族構成>母+妹(本人の居住なし)/<勤務地>東京都港区赤坂/<通勤時間>―/<社会人歴>5年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>5年
◆購入物件情報
<物件所在地>大分県大分市/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>JR日豊線「牧」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>20分/<間取り>2LDK/<購入価格>930万円/<頭金>93万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月2万8,000円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>大分県速見郡/<購入前の家賃>なし/<購入前の間取り>4DK/
010

大分で暮らす母のこれからを想って

私は、大分県速見郡にある実家で生まれ育ちました。その後、私は上京しましたが、母や妹は現在も大分暮らしです。実家は築40年以上とあって老朽化が進んでおり、畳が痛んできたり、床が凹んでいたり、水廻りも見るからに古く、暮らし続けるには厳しくなっていました。
田畑や山に囲まれたのどかな場所で、駅やバス停が近くにありません。母の老後を考えると、「もう少し利便性の高い立地に引っ越した方が良いのでは?」と考えていました。また、祖父母が大分市内に住んでいるのですが、定期的に病院へ行く必要があり、もう少し近くで暮らした方が送り迎えをしやすいとも思っていました。

新居の近くにはいくつかの公園があり、遊歩道も整備されている。「散歩をするのに最適です」

新居の近くにはいくつかの公園があり、遊歩道も整備されている。「散歩をするのに最適です」

愛犬を飼えることを条件に家探しを開始

新居の条件は、犬を飼っているので「ペット可」であること、予算はインターネット検索で物件の相場を調べた結果「1,000万円以内」に設定しました。
私や妹、母がそれぞれにインターネットで気になる物件を調べて、不動産会社へ連絡。そのうち、不動産会社の方がお薦めの物件を紹介してくれるようになり、そちらもチェックしていました。

「実際に家族が暮らし始めてから、日当たりの良さに気付きました(笑)」と話すHさん。リビングは愛犬のケージを置いてもゆとりある広さだ。

「実際に家族が暮らし始めてから、日当たりの良さに気付きました(笑)」と話すHさん。リビングは愛犬のケージを置いてもゆとりある広さだ。

築浅・設備充実のマンションを契約

戸建てという選択肢がなかった訳ではないのですが、セキュリティ面などを重視してマンションに照準を絞りました。4軒ほど見学しましたが、安さに惹かれた物件は、競売物件や築年数が古い物件で、すぐに候補から除外しました。
購入を決めた物件は、私がインターネットで見つけました。母に打診してみたところ、ちょうど同じ物件をチェックしていたことが分かり、母と妹で見学してもらうことに。第一希望のエリアではありませんでしたが、バス停が近く、ドラッグストアもすぐそこで便利。築5年と比較的新しいですし、大きいマンションなのでオートロックや宅配ボックスなどの設備も充実していました。売り主さんが信頼できそうな方だったこともあり、購入を決めました。

リビングダイニングを見渡しやすく、配膳もしやすいカウンターキッチン。「IHクッキングヒーターは掃除がしやすく、使いやすいようです」。

リビングダイニングを見渡しやすく、配膳もしやすいカウンターキッチン。「IHクッキングヒーターは掃除がしやすく、使いやすいようです」。

母親が暮らす住まいの住宅ローンを支払う理由

新居は私の名義で、住宅ローンの支払いも全て私が行っています。母は50代で今から住宅ローンを組むのが難しく、妹は非正規雇用で勤務年数も浅かったんです。私自身、大分市内に物件を購入すれば、今後は別荘のように利用できるのではないかと考えました。物件価格が東京近郊と比べて格安なので、結婚などで別途住宅ローンを組むことになっても大きな負担にはならないだろうという判断もありましたね。また、2人の妹たちが、家財一式を購入してくれるなど、家族で助け合って新居をととのえることができました。

「シンプルな色合いがお気に入り」という外観。総タイル張りで落ち着いた雰囲気を醸し出している

「シンプルな色合いがお気に入り」という外観。総タイル張りで落ち着いた雰囲気を醸し出している

【フラット35】の利用を前提とした金融機関選び

親族居住用なのでセカンドハウス扱いになってしまい、メガバンクで住宅ローンを組もうとすると、金利が4~5%かかってしまいます。【フラット35】なら、自己居住用と同じ金利で借りることができると分かり「これにしよう」と思いました。
借入先は、私がSBI証券の口座を利用しているため、同じSBIグループなら安心できると思い、SBIモーゲージ(※旧社名。2015年5月に社名変更し、現社名はアルヒ株式会社)に決めました。【フラット35】でシェアナンバーワンと聞いたことから、安心してお任せできました。
審査に向けて、住民票や印鑑証明、適合証明などたくさんの資料を集めなければならず大変でしたが、必要なものや掛かる費用、時間を的確にアドバイスしてくれたので、スムーズに進められました。不動産会社とアルヒさんが直接やり取りをしてくれた部分も大きかったですね。
定年後まで払い続けたくはないので、今後は繰り上げ返済を予定しています。「できるだけ早く返した方がお得」とアルヒさんからも助言をいただきましたので、頑張って返済したいと思います。

シンプルながら収納力のある玄関ホール。「今は、私がプレゼントした飛行機のプラモデルを飾ってくれています」。

シンプルながら収納力のある玄関ホール。「今は、私がプレゼントした飛行機のプラモデルを飾ってくれています」。

家族にも愛犬にも快適な住まい

新居は住宅街にあり、小さな子どもが多いエリア。とても暮らしやすそうな環境です。マンションの管理は大手管理会社が手掛けており、いつも清掃が行き届いています。住戸が2階にあるので、エレベーターでも階段でも行きやすく、祖母が遊びに行きやすそうなところが気に入りました。
新居を誰よりも喜んでいるのは、愛犬かもしれません(笑)。戸建てからマンションへ引っ越してどうなることかと思いましたが、のびのびと過ごしています。母や妹も、住み心地がいいと言ってくれて一安心です。

愛犬もお気に入りの新居。「絨毯に寝そべったり、ソファに座ったり、ダイニングチェアの上もお気に入りです」。

愛犬もお気に入りの新居。「絨毯に寝そべったり、ソファに座ったり、ダイニングチェアの上もお気に入りです」。

●関連記事
自宅屋上から隅田川花火大会を満喫できるマイホームを購入したOさん
子育て環境とバリアフリーを両立。府中市の中古マンションを購入したFさん
さいたま市でアクティブに子育てができる住環境を手に入れたAさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう