先々を見据え、愛知県から東京都内への引っ越しを決めたKさん。愛知と東京の往復を重ねながらのマイホーム探しが始まりました。通勤の利便性や間取りにこだわりつつ、予算も踏まえて選んだ物件とは? 詳しいお話を伺いました。

1019_main1

◆Kさんプロフィール<名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>40代後半/<職業・業種>管理職・屋根材販売業/<雇用形態>正社員/<年収>720万円/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>愛知県/<通勤時間>40分/<社会人歴>23年/<転職回数>2回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>8年

◆購入物件情報<物件所在地>東京都小平市/<物件種別>新築建売戸建て/<最寄りの沿線・駅>西武多摩湖線「一橋学園」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>10分/<間取り>4LDK/<購入価格>4,250万円/<頭金>200万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月13万5,000万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>33年/<引っ越し前の所在地>愛知県日進市/<購入前の家賃>14万円/<購入前の間取り>3LDK/

Kさんの【後編】を見る>>

<前編>

テラスハウスで暮らした5年間

愛知県日進市の住宅街に佇むテラスハウスで、5年ほど暮らしました。以前もテラスハウスに住んでいた経験がありましたし、小型犬を2匹飼っているため、戸建てに近い住環境が魅力でした。職場まではマイカーで1時間程度掛かりましたが、住み心地としては悪くなかったです。 ただ、妻は、IHの小さなキッチンに不満を持っていたようです。また、日当たりが良過ぎてしまい、夏はかなり暑くなってしまうことが悩みでした

都内近郊への出張頻度が高く、転居を決意

私の仕事は出張が多く、1ヶ月の半分以上を都内近郊で過ごしてきました。移動に掛かる時間やそれで生じる疲れなどを考えると、「都内へ引っ越したほうがいいのではないか」と考えるようになりました。2年ほど考えた結果、長女が中学に入るまでにマイホームを購入して引っ越そうと決めました

愛犬が落下しないよう、リビング階段には柵を設置。「少しの間、目を離しても安心です」。

愛犬が落下しないよう、リビング階段には柵を設置。「少しの間、目を離しても安心です」。

 

職場に近い立地を重視した物件探し

家さがしのための物件情報は当初、インターネットサイトで検索。最も優先したのはエリアで、JR中央線沿線が希望でした。しかし、予算オーバーの物件が多かったので、職場に近い「立川・府中・国立・小平エリア」で探しました。次に重視したのは広さで、「90平米以上の4LDK」が希望でした。その他にも「最寄り駅まで10分以内」「食洗機あり」といった条件も譲れませんでしたね。 予算は、インターネットでシミュレーションをして決定。当時月々14万円の家賃を支払っていましたので、住宅ローン返済額が同じくらいになるよう計算をしました。物件価格が4,500万円程度、諸経費合わせて5,000万円以内を目安としました。

Kさんがこだわった設備の一つが、食器棚。「ゴミ箱を収納できるワゴンの付いた家電収納があると知り、設置をお願いしました」。

Kさんがこだわった設備の一つが、食器棚。「ゴミ箱を収納できるワゴンの付いた家電収納があると知り、設置をお願いしました」。

 

愛知県と首都圏の往復を重ね、物件を見学

並行して、妻が三鷹にある大手不動産会社と連絡を取り、同条件で物件探しを依頼。同社の物件を中心として、インターネットで気になった物件の仲介もお願いしました。1回の上京で、土日合わせて13~14軒ほど見学しましたね。3ヶ月ほどの間は、私が出張のタイミングに合わせて月2回、マイカーで愛知県と首都圏を往復していました。 立川や国立、その他に南武線沿線も見学。一度、立川で気に入った物件を見つけたことがありましたが、妻が駐車場の狭さなどを気にしていたこと、まだ出来上がっておらず完成イメージを掴みづらかったことから購入に至りませんでした。

3階にある長女の子ども部屋は6畳。「長女は、自分の部屋ができてかなり喜んでいます」

3階にある長女の子ども部屋は6畳。「長女は、自分の部屋ができてかなり喜んでいます」

 

JR線を利用しやすく価格も魅力の新築戸建てを購入!

最後まで候補に残っていたのが、府中市の物件。京王線「府中」駅までバスで5分の立地でしたが、JRの駅に遠いことがネックになりました。それでも、妻が気に入っていたので購入を決めかけていましたね。 そんな時に、同じビルダーさんが小平市に建売住宅を建てることを知りました。JR「国分寺」駅まで2キロ程度なので、電車なら1駅ですし、タクシーでもアクセスできます。当時は更地だったので、どんな家が完成するか分からないことが不安でしたが、ある程度の間取り変更に応じて貰えること、府中市の物件と同じビルダーさんなら「きっといい物件に仕上げてくれる」と信用できたことから、小平市の物件に決めました。府中市の物件よりも土地が少し小さい分、価格は抑えめ。延床面積は同等で住み心地は変わりませんので、結果的には良かったです。

【後編を見る】新居購入で、通勤も子育てもラクになったと語るKさん>>

●関連記事
我孫子市「天王台」駅から徒歩圏内の土地を購入。こだわりの注文住宅を建てたSさん
子どもの誕生を機に一念発起! 駅近で好環境の新築戸建てを購入したYさん
分譲マンションを売却し、5匹の愛犬のために建売戸建てを購入したIさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう