公園が目の前という絶好の立地を手に入れ、施工する工務店も選定したSさん。家づくりに掛かった費用の話に始まり、間取りや収納の充実、自然素材の採用など細部までこだわったプランニング、新居での暮らしぶりまで語っていただきました。

◆<名前>Sさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代後半/<職業・業種>営業職・運輸/<雇用形態>正社員/<年収>600万円/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>埼玉県三郷市/<通勤時間>自動車で50分/<社会人歴>21年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>15年/※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

<物件所在地>千葉県我孫子市/<物件種別>新築注文戸建/<最寄りの沿線・駅>JR常磐線「天王台」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>15分/<間取り>2LDK/<購入価格>土地1,600万円+建物2,500万円/<頭金>500万円/<住宅ローン>当初固定金利型(固定金利期間10年)/<住宅ローン返済額>月9万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>千葉県我孫子市/<購入前の家賃>7万5,000円/<購入前の間取り>2LDK/

Sさんの【前編】を見る>>

<後編>

現金は意外と嵩む諸費用に充てる

購入を決めた土地は、少し予算をオーバーしていましたので、値下げを打診。しかし、売り出しを始めたばかりのタイミングでしたので、安くしていただくことはできませんでした。
その代わり、両親から400万円ほど資金援助を受けました。土地購入から家づくりまでの間、火災保険などあまり考慮していなかった出費が続々と発覚しましたので、手元に現金があるのは有難かったですね。また、新築に合わせてほとんどの家具を買い替えたので、その費用にも充てています。

住宅ローンは地元で評判の地方銀行で契約

住宅ローンは、地元で断然評判が良かった地方銀行さんにお願いしました。夫のメインバンクにも合わせて話を聞きに行きましたが、前者の方が、金利が安かったですね。対応もよく「噂に偽りなし」と感じました。
固定金利と変動金利ではかなり迷ったのですが、低金利が続く現在の状況などを考えた結果、10年固定を選択しました。まだまだ子育てにお金が掛かりますので、マイペースに返済していきたいです。

家づくりの当初から希望していたという土間スペース。「サーフボードやキャンプ用品などアウトドア用品がたくさんあるので、どうしても必要でした」。

家づくりの当初から希望していたという土間スペース。「サーフボードやキャンプ用品などアウトドア用品がたくさんあるので、どうしても必要でした」。

 

逆プレゼンで思い描く希望を形に

新居は、浴室が2階、1階に吹き抜けLDKがある間取りを希望。自分たちで図面を書いて逆プレゼンし、プロの視点でイメージを形にしてもらいました。土間や、帰宅してすぐに手洗いができる洗面所も希望しました。
色遣いや使用する素材・質感など、細部に至るまでこだわり、床はパインの無垢フローリングを自然塗料で塗装。工務店さんに手伝って貰いながら、自分たちで塗りました。壁や天井は白州そとん壁に。他の工務店さんで開催していたオープンハウスに足を運んだ際、その良さを聞いていましたので、ぜひ取り入れたいと思っていました。調湿作用も期待しましたね。

吹き抜けの開放感が心地良いLDK。「吹き抜けがあると空調が効きづらいと聞いていましたが、全館空調を採用しているので全く気になりません」。

吹き抜けの開放感が心地良いLDK。「吹き抜けがあると空調が効きづらいと聞いていましたが、全館空調を採用しているので全く気になりません」。

 

ゆとりある毎日を演出するマイホームが完成

完成した住まいは天井が高く、窓も大きめ。公園が目の前なので、家の中にいながら自然を間近に感じられます。スペースにゆとりがあるので、今まで飾れなかったような大きな植物を飾れることも嬉しいですね。独身時代によく訪れていたハワイで購入した絵画など、思い出の品を飾るスペースにも困らなくなりました。 土間収納や、階段下のスペースを利用したパントリーなど、しまう場所ごとに収納を充実させたので、いつでもすっきりと暮らせます。
今後の課題は、庭をどのようにするか。まだ手付かずですが、近いうちにウッドデッキを作り、芝生を植える予定です。

キッチンサイドの壁は壁式構造のため、なくすことのできないもの。「構造上、問題がなければくり抜いてほしいとお願いしました。開放感が全く違いますので、大正解でした」。

キッチンサイドの壁は壁式構造のため、なくすことのできないもの。「構造上、問題がなければくり抜いてほしいとお願いしました。開放感が全く違いますので、大正解でした」。

 

子どもが思う存分遊べる環境を手に入れて

アパートで暮らしていた頃は、子どもが騒がしくしてしまうことを常に心配していました。家でゆっくりしたくても、外へ連れ出すことが多かったですね。引っ越してからは、家の中や近所でいくらでも遊べます。家で過ごす時間が各段に増えました。音の問題や狭さを気にして友人をなかなか呼べなかったのですが、そんな心配もなくなりました。まだ暮らし始めて1ヶ月ですが、招く機会が確実に増えています。これからますます、マイホームでの暮らしを満喫したいですね。

ダイニングテーブルは、岡山の家具店で購入。子ども部屋やトイレの照明、取っ手も同じ店で揃えたそう。壁にはカウンターを作り、勉強スペースやミシンスペースとして活用している。「ダイニングテーブルで作業をすると、食事の度に片付けなければいけませんから、カウンターがあると気がラクですね」。

ダイニングテーブルは、岡山の家具店で購入。子ども部屋やトイレの照明、取っ手も同じ店で揃えたそう。壁にはカウンターを作り、勉強スペースやミシンスペースとして活用している。「ダイニングテーブルで作業をすると、食事の度に片付けなければいけませんから、カウンターがあると気がラクですね」。

【前編を見る】子育てに理想の土地を見つけ、思い通りの家づくりを実現>>

●関連記事
娘たちをのびのびした環境で育てるため建売住宅を購入したNさん
自然素材をふんだんに使った川越市の注文住宅を満喫するNさん
津田沼駅から徒歩圏内の新築戸建てを購入。こだわりも叶えたSさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう