所有しているマンションをご両親に譲り、近隣の新築戸建へ住み替えを検討していたHさん。購入した物件との出会いから始まり、住宅ローン審査でのあれこれや今後の返済計画、新居での様子まで語っていただきました。

◆Hさんプロフィール<名前>Hさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>保育士・福祉職/<雇用形態>正社員/<年収>450万円/<家族構成>夫婦/<勤務地>神奈川県川崎市麻生区/<通勤時間>自転車5分/<社会人歴>15年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>13年/

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都町田市/<物件種別>新築建売戸建/<最寄りの沿線・駅>小田急小田原線「柿生」「鶴川」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>20分/<間取り>3LDK/<購入価格>4,080万円/<頭金>なし/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月13万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>神奈川県川崎市麻生区/<購入前の住宅ローン返済額>4~5万円/<購入前の間取り>2LDK+S/

Hさんの【前編】を見る>>

<後編>

充実した収納などこだわりが詰まった物件を発見

しばらく物件探しを続けていたところ、その話が不動産会社の社長を務める知人に伝わり、何軒か紹介してもらえることになりました。2軒ほど紹介を受けたのですが、1軒目に見学した物件を妻が気に入って購入を決定。玄関横のシューズインクロゼットや、3.9畳ものウォークインクロゼット、2.5畳もの広々とした浴室に惹かれました。何でも、建売住宅とは言え、社長さんがたくさんの希望を詰め込んで作っているこだわりの物件とのこと。建売住宅と言うと同じような外観が並びがちですが、同区画の建物がどれも異なる表情に感じられたところも魅力でした。2軒目は外観を眺めるのみに留め、購入を決めました。

親子ローンで借入可能額を増やす

住宅ローンは、不動産会社に「金利が低く、審査も問題なく通ると思う」とお薦めされたアルヒ株式会社でお願いし、他社は比較しませんでした。当初自動車ローンの残債が100万円程度ありましたので、一括で返済。また、始めは妻と半々でペアローンを組む予定でしたが、携帯電話の支払いの遅延が過去に1~2回あったそうで、妻の審査が通りませんでした。私1人では希望額の借り入れが難しそうだったので、母の力を借りて、親子ローンという形にしました。

窓を開けると風が抜ける、気持ちのいい空間。「妻は広くなった分、掃除が大変だと話していますが(笑)、子どもを遊ばせるスペースが十分あるので、子育てがしやすくなりました」。

窓を開けると風が抜ける、気持ちのいい空間。「妻は広くなった分、掃除が大変だと話していますが(笑)、子どもを遊ばせるスペースが十分あるので、子育てがしやすくなりました」。

 

20年以内の完済を目指して

現在、住宅ローンの金利がとても低いので、借り換えが気になっています。何回か借り換えをお薦めするメールもいただいているのですが、手数料などでまとまった金額が必要なので、どのタイミングで実行に移すべきなのか悩んでいます。
また、2~3ヶ月ごとに繰り上げ返済を行っています。まだ子どもが小さいので、学費がかかるようになる前に、できるだけ返しておきたいですね。20年以内の完済を目指しています。

リビングの壁一面にカウンターが造作されている。50インチくらいのテレビを配置してもゆとりがあり、下部の棚にはDVDやお子様のおもちゃをしまえる。「テレビ台を購入せずに済んでラッキーでした」。

リビングの壁一面にカウンターが造作されている。50インチくらいのテレビを配置してもゆとりがあり、下部の棚にはDVDやお子様のおもちゃをしまえる。「テレビ台を購入せずに済んでラッキーでした」。

 

部屋数も収納も十分、ゆとりある空間

新居は、1階が水廻りとLDK、2階が3部屋という間取り。2階の一番広い8畳の部屋を寝室にしていますが、あとの2部屋は現在、ほとんど使っていません。将来は子ども部屋として活用する予定です。
収納が充実しているので、物がたくさんあってもすっきりとしまえて、とても住みやすいですね。キッチンカウンターの高さもほどよく、観葉植物を飾ったり、照明類のリモコンや財布などをちょっと置いたりと重宝しています。

ウォークインクロゼットはL字型になっていて十分な広さ。スノーボードの板などもしまっているそう。「家族全員の衣類をしまっても、まだまだゆとりがあります」。

ウォークインクロゼットはL字型になっていて十分な広さ。スノーボードの板などもしまっているそう。「家族全員の衣類をしまっても、まだまだゆとりがあります」。

 

「家=家族」を実感

引っ越して以来、家族でゆったりと過ごす時間を今まで以上に持てるようになったことが、何よりも嬉しいですね。休日は家族でテレビを観たり、一緒に入浴したり、日々の何気ない生活を大切にできる環境ができました。
マンションは狭かったので人を呼びづらかったのですが、同年代の子どもがいる友人家族を気軽に招くことができます。「家=家族なのだな」と感じることが多い今日この頃です。

浴室は、浴槽も洗い場も広々とした印象。「家族全員でワイワイと入れます。前居では大人2人が入ると窮屈でしたが、今は子どもの身体を洗ってあげやすいです」。

浴室は、浴槽も洗い場も広々とした印象。「家族全員でワイワイと入れます。前居では大人2人が入ると窮屈でしたが、今は子どもの身体を洗ってあげやすいです」。

【前編を見る】34歳で2度目の住宅購入。新築戸建てへ住み替えたHさん>>

●関連記事
人気急上昇の武蔵小杉エリアで新築戸建ての購入を決めたYさん
聖蹟桜ヶ丘で利便性も住み心地も災害リスクも重視したAさん
柏市で収納充実で住み心地抜群の新築住宅を手に入れたNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう