一人暮らしを始めるタイミングで、初めてのマイホーム購入を経験したというHさん。ご結婚後、子育てやご両親の今後を見据えた結果、住み替えを決意されました。Hさんが選んだ住まいの形とは? 詳しくお聞きしました。

◆Hさんプロフィール<名前>Hさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>保育士・福祉職/<雇用形態>正社員/<年収>450万円/<家族構成>夫婦/<勤務地>神奈川県川崎市麻生区/<通勤時間>自転車5分/<社会人歴>15年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>13年/

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都町田市/<物件種別>新築建売戸建/<最寄りの沿線・駅>小田急小田原線「柿生」「鶴川」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>20分/<間取り>3LDK/<購入価格>4,080万円/<頭金>なし/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月13万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>神奈川県川崎市麻生区/<購入前の住宅ローン返済額>4~5万円/<購入前の間取り>2LDK+S/

Hさんの【後編】を見る>>

<前編>

22歳の若さでマイホームを購入!

22歳の時、一人暮らしを始めるタイミングで引っ越し先を検討。賃貸物件や団地など、3~4軒検討しました。当時の職場に近く、最寄り駅まで徒歩圏内の立地に惹かれ、小田急小田原線「鶴川」駅から徒歩7~8分の分譲マンションを1,200万円程度で購入。200万円程度掛けて、水廻りを中心にリフォームを行いました。賃貸でも購入でもどちらでも良いと思っていたのですが、不動産会社で働く知人などに話を聞いて、「資産として残せる」購入の方向に気持ちが傾きました。貯金代わりの感覚でしたね。借りる場合の家賃と比べて月々の支払額が安かったので、あまり気負わずに購入を決めました。

勤続半年で住宅ローンを借り入れ

前居を購入した際の住宅ローンは、メガバンクの変動金利を選択。当時の勤続年数が半年程度と短く、借入先の選択肢が少ない中で、不動産会社の方が借り入れ可能な金融機関を探してくれたんです。本来の物件価格は1,400万円程度でしたが、1,200万円が借り入れの上限額だったため、そこまで値下げをしていただくことで購入できました。

玄関サイドにはミラー張りの靴箱が設置されている。「靴箱を買わずに済んで良かったです」。

玄関サイドにはミラー張りの靴箱が設置されている。「靴箱を買わずに済んで良かったです」。

 

将来の子育てや両親を考えて住み替えを決意

前居は7階建ての6階で眺望が開けていましたし、住み心地も良かったです。10年ほどで住宅ローンを払い終え、その2年ほど後に結婚。半年ほど妻と一緒に暮らしましたが、将来、子育てをすることを考えると手狭に感じました。
また、私は一人っ子ですので、両親の近くで暮らしたいという想いもありました。まだ両親は現役で働いていますので、郊外に二世帯住宅を建てるというよりも、利便性が高い立地で暮らしたい思いが強かったですね。そこで、両親に私たちが暮らしているマンションを明け渡し、私たちは近くで広い物件を探そうということになりました。

シューズインクロゼットにはベビーカーをはじめ子どものためのこまごまとした道具、夫婦の趣味であるソフトボールの道具を収納。「知り合いの地主さんに畑を借りているので、耕す道具もしまえて便利です」。

シューズインクロゼットにはベビーカーをはじめ子どものためのこまごまとした道具、夫婦の趣味であるソフトボールの道具を収納。「知り合いの地主さんに畑を借りているので、耕す道具もしまえて便利です」。

 

新築建売戸建てに絞った家探し

広いマンションを借りるという選択肢もありましたが、調べてみると月々10万円ほどの家賃が掛かりそうだと分かり、「それなら買ったほうがいいね」という結論になりました。当初はマンションも含めて検討しましたが、管理費や修繕積立金、駐車場代を加味すると割高な印象で却下に。中古物件は修繕費用が嵩むと考え、新築建売戸建てに絞って探しました。

キッチンの横にはカウンターが設置されている。パソコンやプリンター、仕事に関する冊子や書類などもしまっている。「夫婦ともに重宝しています」。

キッチンの横にはカウンターが設置されている。パソコンやプリンター、仕事に関する冊子や書類などもしまっている。「夫婦ともに重宝しています」。

 

立地と周辺相場に合った価格設定が判断基準

はじめは、インターネットで物件を検索。現在所有しているマンションから近い立地を第一条件としつつ、前回マンションを購入した経験や、インターネットのシミュレーションを元に設定した予算も判断材料としました。
調べているうちに、鶴川エリアにある40坪程度の建売戸建ては、3,000~4,000万円程度の相場であることを把握。その範囲内で、フラットな土地を検討しました。

ホワイトを基調としたシンプルな外観。「屋根が大きく面構えの良いところがお気に入りです」。

ホワイトを基調としたシンプルな外観。「屋根が大きく面構えの良いところがお気に入りです」。

【後編を見る】町田市の新築建売戸建てを購入。家族とのコミュニケーションを深めたHさん>>

●関連記事
人気急上昇の武蔵小杉エリアで新築戸建ての購入を決めたYさん
聖蹟桜ヶ丘で利便性も住み心地も災害リスクも重視したAさん
柏市で収納充実で住み心地抜群の新築住宅を手に入れたNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう