大型ショッピングモールが近く、子育て環境も抜群のマンションを見つけたKさん。人気物件のため残り住戸が続々と売れていく中で、住宅ローン審査がなかなか通らず焦りを覚えたそうです。その理由と、現在の暮らしを語っていただきました。

◆Kさんプロフィール <名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>20代後半/<職業・業種>広告代理店・営業/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万円/<家族構成>夫婦+子ども1人/<勤務地>東京都千代田区/<通勤時間>60分/<社会人歴>7年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>6年

◆購入物件情報 <物件所在地>埼玉県越谷市/<物件種別>新築マンション/<最寄りの沿線・駅>JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>4分/<間取り>3LDK/<購入価格>3,400万円/<頭金>50万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済額>月9万5,000円(ボーナス払いあり約17万円)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都足立区/<購入前の家賃>10万円/<購入前の間取り>1LDK/

Kさんの【前編】へ戻る>>

<後編>

独身時代のWローンがネックに

住宅ローンの借り入れには、少し苦労しました。実は結婚前、年金対策として2,000万円程度の投資用マンションを購入していました。その後、自動車も購入。Wローンの状態での住宅購入となってしまったので、銀行での融資はことごとく断られてしまいました。そこで、住宅購入の頭金として用意していた200万円を充てて自動車のローンを完済。借入先も、独自の審査基準をもつ【フラット35】を取り扱う金融機関に絞り、アルヒ株式会社に依頼しました。

50代半ばでの住宅ローン完済が目標!

「投資用マンションを購入するのはマイホームの後にすれば良かった」という後悔はありますが、結果的には、両親からの資金援助もなく購入ができました。現在は無理なく返済できていますので、ボーナス払いのタイミングでプラスアルファの資金を用意して繰り上げ返済ができればと思っています。また、団体生命信用保険に入りましたので、元々加入していた保険契約を見直しました。浮いた保険料も返済に充てる予定です。子どもが社会人になる頃、私は50代半ばですから、その頃までに完済できるといいですね。もう少し子どもが大きくなれば妻も働く予定ですので、今後家計はもっとラクになるとおもいます。

マンション周辺の歩道と外観は、毎晩ライトアップされている。美しい夜景に癒されている住民も多いそう。

マンション周辺の歩道と外観は、毎晩ライトアップされている。美しい夜景に癒されている住民も多いそう。

 

広々とした空間が毎日の生活を豊かにする

新居はリビングが広いのでゆったりと過ごせますし、キッチンも大きく「複数の料理を一度に作れる」と妻が喜んでいます。子どもができてから、私も土日は料理をするようになったのですが、2人でキッチンに立っても余裕があります。リビングに隣接する居室は子どもの遊び場兼寝室に、本来の寝室は現在、私の部屋になっています。どうやら私のイビキで子どもを起こしてしまうようで(苦笑)、今は1人で寝ています。パソコンも置いているので、帰宅後に仕事をすることもありますね。時間があれば、共有スペースの自習室も活用したいのですが、閉まる時間が早く、まだ使えていません。意外と重宝しているのが、駐車場内の洗車スペースでしょうか。1回200円で、気軽に利用できます。

リビングに隣接する居室は、引き戸を開ければ一続きの空間として利用できる。「リビングで寛ぎながら、子どもの遊ぶ姿を見守ることができて、すごくいいですね」。

リビングに隣接する居室は、引き戸を開ければ一続きの空間として利用できる。「リビングで寛ぎながら、子どもの遊ぶ姿を見守ることができて、すごくいいですね」。

 

訪れた両親や友人にも喜んでもらえる

お互いの両親が遊びに来てくれた時には、共用部の充実に驚くと同時に、羨ましそうにしていました。子どもが暮らす場所としても安心してくれたので良かったです。前居と比べて群馬県の実家に近づいたことも喜んでくれましたね。
購入したマンションにはゲストルームがあり、既に3回ほど利用しています。両親や友人を気軽に招き、泊まって貰えるようになりました。
妻はまだ20代で、独身・一人暮らしの友人が多いため、「とても羨ましい」と言ってくれます。私たちの暮らしぶりをみて、マンションの購入を検討している友人もいるんですよ。

共用スペースの充実も、Kさんがマンションを購入する決め手になったという。「ブックサロンでは、ブックコンシェルジュがセレクトした書籍を自由に閲覧できる。

共用スペースの充実も、Kさんがマンションを購入する決め手になったという。「ブックサロンでは、ブックコンシェルジュがセレクトした書籍を自由に閲覧できる。

 

安心して子育てができる住まい

新居を購入してから、土日の過ごし方が劇的に変わりました。家で過ごす時間が長くなりましたね。子どもが元気に走り回る姿を見ていると、「広い家を買えて良かった」と感じます。引き戸に指を挟まないように設定されていたり、子どもと入浴するにも危険が回避できる設計だったり、住んでいる中で、子育てがしやすい設計であることを実感することが多々あります。
今後、転勤などの理由で家を貸したり売ったりすることになっても、今のところ値崩れの心配はなさそうです。いざという時も安心できる、良い買い物ができたと思っています。

【前編に戻る】子育て環境と利便性を求め、越谷エリアで家探し>>

●関連記事
頭金ゼロながら【フラット35】で住宅購入したMさん
貯金感覚で「田町」駅近くのマンションを購入したHさん
横浜市の青葉台駅近くの新築マンションを購入したKさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう