共働きのAさんご夫婦は、お互いの職場へ通いやすいエリアを中心として、マイホーム探しを始めました。限られた予算内で、駅までの距離や日当たり、住環境や災害リスクまで考慮して選んだ住まいとは? お話を伺いました。

◆Aさんプロフィール <名前>Aさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代後半/<職業・業種>サービス業・スポーツインストラクター/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦/<勤務地>東京都江東区/<通勤時間>1時間30分/<社会人歴>14年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>14年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都多摩市/<物件種別>新築建売戸建て/<最寄りの沿線・駅>京王線「聖蹟桜ケ丘」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>12分/<間取り>4LDK/<購入価格>3,800万円/<頭金>なし/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月11万円強(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都稲城市/<購入前の家賃>9万円(別途駐車場代1万円)/<購入前の間取り>1LDK/

Aさんの【後編】を見る>>

<前編>

マイホーム購入を前提とした賃貸暮らし

結婚を機に、JR南武線「矢野口」駅から徒歩3分、2Kのマンションへ引っ越しました。当時は夫の職場が「二子玉川」、私の職場が「三軒茶屋」で2人とも東急田園都市線を利用。「溝の口」や「武蔵小杉」駅に出やすい通勤アクセスを重視して選びました。元々夫は、「結婚式などが終わって落ち着いたらすぐにマイホームを」という考えでしたので、通勤に便利な立地であれば、他にこだわりはなかったですね。自動車のアクセスも良く暮らしやすかったのですが、夫婦で2Kでは少し狭いと感じていました。

南武線沿線で家探しを開始

住み始めて3ヶ月で、夫の職場が江東区の「東大島」に、その少し後には私の職場が「川崎」に変わりました。職場へのアクセスを考えると南武線が便利でしたし、「武蔵小杉」駅周辺の開発が進んでいることを知っていましたので、その周辺で物件を探し始めました。
まず見学をしたのは、「武蔵中原」駅近くのマンションでした。夫の職場の方が手放す予定だと聞いたのでそのマンションを見学しましたが、少し狭かったこと、駅まで徒歩30分ほど掛かることがネックに。4,000万円台前半で打診されたのですが、当時はそれが高いのか安いのかも分からなかったため、保留にして、他の物件も検討することになりました。

新居は小高い丘の上にあり、静かな住環境が望める。「緑が豊かで気持ちが良い反面、虫が多いですね。先日は蜂が巣を作ってしまい、見つけたその日に駆除をお願い。出費が痛かったで(苦笑)」。

新居は小高い丘の上にあり、静かな住環境が望める。「緑が豊かで気持ちが良い反面、虫が多いですね。先日は蜂が巣を作ってしまい、見つけたその日に駆除をお願い。出費が痛かったです(苦笑)」。

 

ライフプランナーに相談の上、購入予算を設定

ここから本格的に家探しを開始。建築関係の仕事に従事している義父の知り合いで不動産会社の方がいたので、物件は全てその会社経由で紹介していただきました。 当初は周辺の中古マンションを探しましたが、価格や狭さがネックで購入には至りませんでした。
この頃、夫の知人にライフプランナーさんをご紹介いただき、当時支払っていた家賃+駐車場代プラスアルファを上限として購入予算を考えてもらいました。月々11万円程度なら無理なく返済できると判断し、3,500万~4,000万円を購入予算としました。
夫が今後転勤をする可能性もあったため、駅近でいざという時に売却しやすいマンションを中心に探していました。私も夫もマンション育ちだったため、当初は「戸建て=高い」という先入観があったんです。しかし、インターネットで様々な情報を見るうちに、「少し郊外の戸建てという選択肢もあるのでは?」と考えるようになりました。

Aさんの所有する車は少し大きめ。スムーズに出し入れできるのかどうかを気にしていたそう。「決して広い土地ではありませんが、駐車には困らないスペースが確保されていたことも、購入の決め手でした」。

Aさんの所有する車は少し大きめ。スムーズに出し入れできるのかどうかを気にしていたそう。「決して広い土地ではありませんが、駐車には困らないスペースが確保されていたことも、購入の決め手でした」。

 

戸建ては京王線沿線を軸に検討

夫の実家が京王線「千歳烏山」、私の実家も京王線「府中」駅近くのため、京王線沿線の戸建てを検討。利便性などを考え「調布」「飛田給」周辺の物件を検討したのですが、土地価格が高いエリアのため狭小の3階建てばかり。隣家や大通りも近かったので、少し窮屈で落ち着かない印象でした。
その後、府中市押立町内で、気になる物件が2軒出てきました。1軒は、日当たりが良く広さ的にも合格でしたし、静かな住環境も魅力。川に近いことが少し災害時に心配でしたが、過去に災害は起きていないようなので候補に挙がりました。もう1軒は川からも遠く条件を満たしていたのですが、4,180万円という価格がネックでした。夫は早く決めたがっていて「どちらかの物件を購入する」という雰囲気だったのですが、私はもう少し検討を重ねたいと思っていました。
その頃には私たちも自分たちの求める条件が分かってきたので、「最寄り駅から15分以内」「南向き」「1階リビング」「水漏れリスクの低い1階浴室」「オープンキッチン」など10の条件を提示し、クリアした物件が出た時に紹介して貰うことに。そこで出てきたのが、特急停車駅「聖蹟桜ケ丘」から徒歩圏内の物件でした。

隣の家の庭でバーベキューをしている様子を見て、Aさんご家族も道具を買い揃えたそう。「来週も友人を招いてバーベキューをする予定。極めたいですね」。

隣の家の庭でバーベキューをしている様子を見て、Aさんご家族も道具を買い揃えたそう。「来週も友人を招いてバーベキューをする予定。極めたいですね」。

 

マイナスポイントが一つもない家を発見

購入した物件は、私たちの挙げた条件を全てクリア。LDKと続きの和室を含めて14畳と決して広くはないのですが、視覚的に狭さを感じない間取りでした。LDと和室に面して庭があり、その先は市が所有する芝地や竹林が広がっています。将来、高い建物が建つ心配がありませんし、子供をプールで遊ばせたりできるなと妄想が広がりました。寝室は8畳ありゆったりとしていますし、ベランダの幅も十分。南向きなので洗濯物が乾きやすそうでだと感じました。玄関も開放感があって気に入りましたね。夫も和室や駐車スペースなどが気に入ったようです。夫婦揃って「買うならここだね」と意見がまとまりました。

必要な場所ごとに収納スペースが確保されているので、物を表に出さずにゆったりと暮らせる。

必要な場所ごとに収納スペースが確保されているので、物を表に出さずにゆったりと暮らせる。

【後編を見る】「聖蹟桜ケ丘」駅から徒歩圏内の新築建売戸建てを購入したAさん>>

●関連記事
2人の娘たちの環境のために建売住宅を購入したNさん
社宅住まいから横浜市内に新築戸建てを購入したKさん
千葉県柏市で収納充実の新築住宅を購入したNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう