港区台場にある駅近の特優賃(特定優良賃貸住宅)で暮らしていたというWさん。2人目の出産を目前に、マイホームの購入を考えるようになったそうです。Wさんが新居に求めた条件とは? 詳しくお話を伺いました。

◆Wさんプロフィール <名前>Wさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前後半(35歳)/<職業・業種>不動産業・事務職/<雇用形態>正社員/<年収>450万円/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>東京都渋谷区/<通勤時間>90分/<社会人歴>12年/<転職回数>3回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>4年

◆購入物件情報 <物件所在地>神奈川県横浜市金沢区/<物件種別>新築マンション/<最寄りの沿線・駅>京浜急行本線「金沢文庫」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>25分(シャトルバス5分)/<間取り>4LDK/<購入価格>3,600万円/<頭金>2,000万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】)/<住宅ローン返済額>月5万円(ボーナス払いあり約10万円)/<住宅ローン返済期間>30年(借り換え後17年)/<引っ越し前の所在地>東京都港区台場/<購入前の家賃>7万円/<購入前の間取り>2LDK/

Wさんの【後編】へ戻る>>

<前編>

お台場の特優賃で過ごした賃貸生活

今から15年ほど前、結婚と同時に、ゆりかもめ「お台場海浜公園」やりんかい線「東京テレポート」駅に近いタワーマンションへ引っ越しました。当時勤めていた新宿へのアクセスが良く、新築なので建物はとてもきれい。特優賃でしたので、国や自治体の家賃補助があり、70平米程度と夫婦2人には十分な広さで家賃は7万円と破格の安さでした。当然、入居希望者が多く抽選倍率が50倍近くあったのですが、運良く当選したんです。エレベーターが雨漏りで停止するなどトラブルもありましたが、大きな不満はなく、5年ほど暮らしました。

2人目のお子様誕生を見据えての決断

しかし、特優賃の家賃は2年ごとに見直しがあり、だんだんと上がっていきます。出る頃には8~9万円まで上昇していましたね。また、入居して1年で長女が誕生。その後、次女の妊娠も分かり、「娘たちが成長したら手狭ではなりそう」と感じるようになりました。両親からは、かねてからしきりにマイホーム購入を薦められていましたので、家探しを始めることにしました。

リビングのソファは前居で使っていたものを持ち込んだが、最近になって新しいものに買い替えたそう。「妻が作ったハワイアンキルトのクッションと一緒に使っています」。

リビングのソファは前居で使っていたものを持ち込んだが、最近になって新しいものに買い替えたそう。「妻が作ったハワイアンキルトのクッションと一緒に使っています」。

 

見学をする中で気づいたマイホームの購入条件

無料の住宅情報誌をチェックして、始めは都内の物件を検討。4,000万円程度の予算で、気になる物件を見学しました。始めは特に条件を設けていなかったのですが、いくつか見ているうちに広さや間取りが気になってきましたね。子どもが2人いるので4LDK、今より広い80平米以上は欲しいなと思いました。探すエリアは、割と値頃感がありながら利便性も高い、江東区の物件が多かったです。一度、江東区南砂で80平米程度の広さがある物件を見つけたことがありました。3,200万円程度と値段も手頃で気に入り、手付け金まで払ったのですが、妻があまり乗り気ではありませんでした。横浜の実家まで遠いことや、荒川が近く災害時のリスクを感じていたようで、見送ることになりました。

廊下の幅が1.4メートルほどあり、リビングまでのアプローチはゆったりとした印象。「広さも天井高もあり、娘とビーチボールを投げて遊べます(笑)」。

廊下の幅が1.4メートルほどあり、リビングまでのアプローチはゆったりとした印象。「広さも天井高もあり、娘とビーチボールを投げて遊べます(笑)」。

 

都心へのアクセスよりも住環境を優先

都内の条件が良い物件は高額なため、検討するエリアを横浜市内に移しました。東急東横線沿線の「菊名」「元住吉」「日吉」などを中心に5~6軒のマンションを見学。もっと郊外の戸建て物件も見学しましたが、始めからあまり乗り気ではありませんでした。見学を続けているうちに「住環境と広さを優先したい」という想いが強まり、もう少し郊外に目を移しました。

「住戸というより、高台の街を購入したつもり」と話すWさん。南仏の城壁をイメージして作られたという美しい街並みが広がっている。ゲストルームやパーティルームなども共有施設が充実しており、友人を呼ぶ際などに活用しているそう。「大人向けのサークルもあり、引っ越し当初にいろいろ参加しました」。

「住戸というより、高台の街を購入したつもり」と話すWさん。南仏の城壁をイメージして作られたという美しい街並みが広がっている。ゲストルームやパーティルームなども共有施設が充実しており、友人を呼ぶ際などに活用しているそう。「大人向けのサークルもあり、引っ越し当初にいろいろ参加しました」。

 

大規模な街並みに惹かれて

購入した物件は当時、大々的に広告を打っていました。最寄り駅は京急線「金沢文庫」で1,800世帯、11棟の大規模なプロジェクトが話題だったんです。これだけの大所帯なので子育て世代の入居者も多く、ママ同士のコミュニケーションが築きやすそうだと感じました。自動車で20~30分走れば私の実家がありますし、妻の実家も京急線で1本です。高台にあるので災害時の心配が少ないことも魅力でした。
半分以上が売却済みという段階での購入でしたので、間取りやデザインなどを選ぶことはできませんでしたが、広さに惹かれて100平米の住戸をチョイス。10階建てなのですが、いざとなったら階段で降りられるくらいのフロアがいいと思い、3階を選びました。日当たりにもこだわり、南向きをチョイス。目の前がテニスコートなので視界が広いところも良かったです。

頭金を2,000万円用意したWさんの【後編】へ戻る>>

●関連記事
浦安市に新築マンションを購入したSさん
頭金ゼロでマンションを購入したMさん
江東区の運河沿いの新築マンションへ住み替えしたMさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう