新しい生活を送るために住宅を購入したのに、ご近所トラブルに遭遇してしまったり、一度買ってしまった住宅なので買い替えるにも費用がかかり、なかなか解決できずに困っている、なんて人もいるのではないでしょうか。そこで今回、どのような要因でトラブルに巻き込まれたのか、またそれをどのように解決していったかなどについて住宅購入経験者100名にアンケートを取ってみました。

住宅購入後にご近所トラブルに巻き込まれたことある人にお聞きします、何が原因でトラブルになりましたか。またどのように対処しましたか?

アンケート結果では、以下のような回答が寄せられました。

・マンションで上の住人がうるさかった。夜、注意しに行ったが改善されない。マンションなどの集合住宅を購入の際は、購入前に実際に見る、または販売員に聞くなどすると良い。(30代/男性/会社員)

・近所にうるさい人がいて、何かと文句を言ってくる人がいた。住宅購入の前に可能であれば近所を見ておくといいと思います。(30代/女性/会社員)

・新興住宅地ではなかったため、ご近所は高齢の方ばかり。子供が赤ちゃんの頃は、かわいいかわいいだったが大きくなってきてたら、騒音がうるさいだのなんだのと、クレーム。やっぱり、ご近所は同世代がいた方が心強い。今は、わがままな年寄りのほうが多い。(40代/女性/会社員)

・お子様の問題や騒音の問題です。それにその地域の規則等でトラブルに遭いました。トラブルに合わない為にはご近所さんにと仲良くなっておく必要があります。仲良くなっておけば多少のことは見逃してもらえるからです。お子さまや楽器等がある場合は、事前にご近所さんに言っておく、または了承を得て購入でトラブルを避けることが出来ます(20代/女性/自由業・フリーランス)

・マンションを購入しましたが、上の階の住人の物音に悩まされています。一度、注意しにいったら物凄く恐縮され「良い人」だった事がわかりました。もう少し近所づきあいがあれば、お互いにもっと気を遣えて、トラブルにならなかった様な気がします。(40代/男性/会社員)

・庭でバーベキューをしていて夜騒がしく叱られたことがあります。お詫びに行き夜遅くまでやらないようにし、バーベキューをやるときは一言断ってからやるようにしています。引っ越す前から近隣の方がどういう人か挨拶に行き、分かっておいた方が良いと思います。また、親密な関係を築くように心がけています。(30代/男性/会社員)

・父は猫が庭にフンをするのが嫌いで様々な対策をしていたのですが、ご近所の方が野良猫に餌付けをしており、うちにも大量の野良猫がやってくるようになったことです。自治会で議案に挙げて相談し、餌付けをやめてもらうように口頭注意しました。(30代/女性/公務員) 

・飼っている犬がとても臆病者でやたらと吠えるので、近所からよくクレームが来ていました。(30代/男性/会社員) 

・とにかく購入前のリサーチを必須としていたので、住宅購入後にご近所トラブルに巻き込まれたことはないです。昼と夜、両方の雰囲気の確認も必須だと思います。(30代/女性/契約派遣社員) 

日頃からのコミュニケーションが大切!

アンケート全体を見てみると、近隣住民とのトラブルで悩んでいる人が多いことがわかる結果となりました。部屋の中でゆっくりしたいと思っている人にとっては少しの物音などにも反応してそれがストレスになり、我慢できずにクレームをしたりされたりしているようです。また犬や猫に関連するトラブルに巻き込まれている人も多く、解決に苦労していることもうかがえてきます。これらのトラブルは、近隣住民とのコミュニケーションが不足していることが要因としてあるのではないでしょうか。日頃から近隣住民との交流を深めておけば、お互いのことが分かりあえるようになり、トラブルを未然に防ぐことにも繋がっていくかもしれませんね。
またマイホームを購入する前には周辺の環境を確認しておくことが必要となってくるのかもしれません。事前のチェックを入念に行い、自分なりに細かく分析して、マイホーム購入をしている人もいるようです。

■調査地域:全国
■調査対象:20~59歳までの住宅購入者100人
■調査期間:2016年8月9日~2016年8月25日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
近隣トラブルに関する実態調査を実施。ご近所トラブルの経験は2人に1人!
住宅ローンを組んだ後、年収に変化はあった? 住宅購入者100人に調査!
住宅購入時の“貯金額”と、そのうち“頭金”はいくら出したか聞いてみた

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう