築浅・角部屋でルーフバルコニーが付いた中古マンションを購入することになったOさん。前居の売却にまつわる苦労から、住宅ローン会社の選び方、新生活のスタート、そしてマイホームがもたらした“心境の変化”まで語っていただきました。

◆Oさんプロフィール <名前>Oさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半(34歳)/<職業・業種>サービス業・管理職/<雇用形態>正社員/<年収>500万円/<家族構成>夫婦/<勤務地>東京都新宿区/<通勤時間>40分/<社会人歴>13年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>13年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都板橋区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>都営三田線「志村三丁目」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>2分/<間取り>4LDK/<購入価格>4,890万円/<頭金>諸費用90万+200万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>約月16万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都板橋区/<購入前の住宅ローン返済額>10万円(別途管理費・修繕積立金が2万円程度)/<購入前の間取り>3LDK/

Oさんの【前編】を見る>>

<後編>

前居の早期売却を目指して

購入する物件を決めてすぐに、前居の売却に向けて動き出しました。不動産会社から「なるべく早いほうがいい」と言われ、いつ見学者が来てもいいよう、夜中に一週間以上かけて掃除をしました。
どの棚を開けられても大丈夫なよう、必死に片づけをしたのですが、実際の見学はたった15分程度。どこの棚も開けられませんでした(笑)。結果的には、最初に見学をしてくださった方が、提示した金額のまま購入を決めて下さり有難かったです。前居と新居の二重ローンになることを心配していたのですが、稀有に終わりました。

固定金利の安心感と口コミ評価を重視

住宅ローンについては、2度目ということもあり自分でいろいろ調べました。前回はメガバンクで変動と固定の半々で払っていたのですが、当時よりもかなり金利が下がっていますので、固定金利がいいと思いました。
【フラット35】を取り扱う会社の中でも、インターネットの口コミ評価が高かったアルヒ株式会社に相談。結果的に購入できなかった1軒目の物件で一度ローンを通していたので、今回はすんなりと借りることができました。

和室にはケージを置き、残りをフリースペースに。愛犬のため、24時間冷房をつけているそう。「夫が筋トレをしたり、私が習っている日本舞踊の自主練をするスペースにしたりと活用しています。和室の押し入れは収納力があるので、嵩張りがちな着物をしまうのに便利です」。

和室にはケージを置き、残りをフリースペースに。愛犬のため、24時間冷房をつけているそう。「夫が筋トレをしたり、私が習っている日本舞踊の自主練をするスペースにしたりと活用しています。和室の押し入れは収納力があるので、嵩張りがちな着物をしまうのに便利です」。

 

リビングは夫婦で寛ぐ場所に

新居は、洋室にテレビやデスク、ソファベッドなどを設置。リビングには敢えてテレビを置かないようにしたことで、リビングで過ごすオフタイムには自然と会話が弾みます。洋室は、片方が風邪をひいた時にうつさないよう別室で就寝する時や、ゲストが泊まる時、一緒に映画を観る時など、多目的に使っています。小さな洋室は、ウォークインクロゼット代わりに使用。雑多な物を一ヶ所にまとめることで、他の部屋にはほとんどものを置かずに過ごせています。リビング横の洋室は現在、寝室にしていますが、将来的には子ども部屋になるかもしれませんね。

前居では仕事をする場所がリビング以外になかったというOさん。「今は専用のスペースがあるので仕事に集中しやすく、リビングは寛ぐ場所として使えています」。

前居では仕事をする場所がリビング以外になかったというOさん。「今は専用のスペースがあるので仕事に集中しやすく、リビングは寛ぐ場所として使えています」。

 

広く快適な新居でパン作りが日課に

新居は81平米ほどあり、前居よりもだいぶ広くなりましたので、掃除がしやすく、ゆったりと暮らせます。引っ越した当時は調理スペースが広いことに嬉しくなって、毎週のようにパンを焼いていましたね。今でも月2回くらいは作ります。夫と喋る時間も増えました。お互いの仕事の話や、今度の休みの日は何をしよう?とか他愛のない話が楽しいですね。

趣味はパン作り。前居では狭くてなかなかできなかったので、引っ越した当初は作りまくっていました。「パンやお菓子を焼くのがストレス解消法。ドイツパンやチャバタなど、シンプルなパンが好みです」。

趣味はパン作り。前居では狭くてなかなかできなかったので、引っ越した当初は作りまくっていました。「パンやお菓子を焼くのがストレス解消法。ドイツパンやチャバタなど、シンプルなパンが好みです」。

 

ゆったりとした日々がもたらす心境の変化

休みの日には、夫婦でドライブへ行くことが多いですね。料理が好きなので、友人を家に招いて鍋をすることも。駅から近いので呼びやすいです。「駅近」は購入条件に入っていなかったのですが、いざ住んでみるととてもラク。一度帰宅して買い物へ行ったり、ゲリラ豪雨の中で帰宅したり、様々なシーンで「駅近で良かった」と感じます。
前居ではあまり余裕のない毎日を過ごしていたので仕事と家事で手一杯でしたが、今の家に引っ越してから「子どもが欲しいな」と思えるようになりました。同じマンション内には働きながら子育てをするママが多いので、私たちも後に続けたらいいですね。

ルーフバルコニーからは、板橋花火大会の様子がよく見える。「今年は親戚を呼んでみんなで鑑賞予定です」。

ルーフバルコニーからは、板橋花火大会の様子がよく見える。「今年は親戚を呼んでみんなで鑑賞予定です」。

【前編に戻る】愛犬とも快適に暮らせる新居を見つけたOさん>>

●関連記事
愛犬とのんびり暮らせる家が欲しいという想いを叶えたNさん
浦和美園駅近くで子育てのために中古マンションを購入したAさん
「新江古田」駅近くのマンションで姉妹2人暮らしのSさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう