25歳の若さで、思い立って中古マンションを購入したというOさん。6年間ほど暮らした後、ライフスタイルの変化などを理由に買い替えを決意しました。2度目のマイホーム探しにまつわるあれこれを語っていただきました。

◆Oさんプロフィール <名前>Oさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半(34歳)/<職業・業種>サービス業・管理職/<雇用形態>正社員/<年収>500万円/<家族構成>夫婦/<勤務地>東京都新宿区/<通勤時間>40分/<社会人歴>13年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>13年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都板橋区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>都営三田線「志村三丁目」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>2分/<間取り>4LDK/<購入価格>4,890万円/<頭金>諸費用90万+200万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>約月16万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都板橋区/<購入前の住宅ローン返済額>10万円(別途管理費・修繕積立金が2万円程度)/<購入前の間取り>3LDK/

Oさんの【後編】を見る>>

<前編>

初めてのマイホームは思い付きで購入

前居を購入したのは今から7年前のこと。私が25歳の時でした。結婚を前提として、私の実家に近いエリアで住まいを探していたのですが、賃貸物件はファミリー向けの広いものばかり。ピンとくる家に出会えませんでした。そんな時、都営三田線「志村三丁目」駅から徒歩5分くらいのマンションで、たまたまオープンルームを行っていたんです。中古とはいえ築3年程度と新しく、天井近くまである大きなサッシが印象的でした。元々一人暮らしをしていた物件が、夏暑く冬寒い、壁の薄い物件でしたので、どこをとっても良く見えてしまった部分もあります。他の物件と比較検討することもなく購入してしまいました。
突然「家を買う」と言いだしたものですから、夫はちょっと引いていましたね(笑)。年末から年始にかけて夫や家族を説得して購入を決定。当時は夫が契約社員で、私のほうが収入が多かったこと、私が一番乗り気だったこともあり、自分ひとりで住宅ローンを組みました。

暮らしてみて分かった課題

購入したマンションは60平米程度。2人暮らしには十分な広さだと思っていましたが、住み始めて間もなく犬を飼い始め、愛犬のために一部屋割くと手狭でした。犬の鳴き声に配慮して窓を閉めると風通しも悪く、空気が籠りがちでしたね。将来、子どもが生まれたらますます狭くなることが目に見えていました。また、L字型のキッチンを初めて使いましたが、狭いスペースにはマッチしない形状だと分かりました。料理が大好きなのに、作る場所がないからできない日々でしたね。先々の生活を意識できていなかったなと思います。
しかも、マンションの目の前にアパートが建ち、景観や日当たりが悪くなってしまったことが決定打に。6年間暮らしたところで、買い替えを決意しました。

ルーフバルコニーはかなり広いため、愛犬の散歩にも便利。「共働きですし、あまり動きたがらない子なので助かっています」。

ルーフバルコニーはかなり広いため、愛犬の散歩にも便利。「共働きですし、あまり動きたがらない子なので助かっています」。

 

予算内で条件に合う物件が見つからず

インターネットで、「実家から15分圏内」「都営三田線沿線」「75平米以上」といった条件で検索したものの、あまり選択肢はありませんでした。予算は、インターネットサイトで2人の収入を元に計算。月々15万円程度の支払いを前提とすると、4,600万円程度の物件なら購入できそうでした。しかし、条件に合致する物件は5,000万円台半ば以上のものがほとんどで、家探しは難航しました。

ルーフバルコニーにはテーブルセットを置いて夕方無煙プレートで焼肉をするなど楽しんでいるそう。「父母もよく招いて、みんなで楽しんでいます。広い空の下で食べるといいしいですね」。

ルーフバルコニーにはテーブルセットを置いて夕方無煙プレートで焼肉をするなど楽しんでいるそう。「父母もよく招いて、みんなで楽しんでいます。広い空の下で食べるといいしいですね」。

 

不動産会社がオススメする物件を見学

始めは自分で調べた物件を見学していましたが、途中で「地域に詳しい方がオススメして下さる物件の方が確実」と気付きました。きっかけは、物件の問い合わせをしたある不動産会社さんが、2ヶ月後に連絡を下さったこと。条件に合致する物件があると教えていただいて見学へ行ったところ、まさしくイメージ通りだったんです。「私たちのことを考え、厳選した情報を提供してくれた」と感じました。是非購入したかったのですが、その時には「現金で購入する」という方が現れて購入を断られてしまいました。

リビングダイニングの照明は新居に合わせて購入。リビングにはシャンデリアを設置。キッチンカウンターにはステンドグラスのランプを飾った。

リビングダイニングの照明は新居に合わせて購入。リビングにはシャンデリアを設置。キッチンカウンターにはステンドグラスのランプを飾った。

 

見学をしたその場で購入を決意!

中古物件の場合は特に言えることですが、良い物件はインターネットに情報が掲載された時点で動き出すのでは遅く、他の方に買われてしまうことが多いことに気付きました。ここまでの間に新築を5~6軒、中古物件はそれ以上見学しましたが、以降は不動産会社から連絡が入るのを待つ日々でした。
条件にマッチした物件と出会えたのに買えなかったショックが大きく、しばらくは落ち込んでいたのですが、2ヶ月ほど経って再び連絡をいただきました。一刻も早く行動に移したくて、母と2人で見学へ。築4年のマンションの7階で、角部屋のルーフバルコニーがついた住戸でした。第一印象は「風通しがいい!」ということ。ルーフ側は線路なので、隣に高い建物が建つ心配もありません。開放感が何より気に入りました。線路沿いで音の心配をする方が多いと思いますが、私にとっては犬の声に配慮する心配が薄れて有難かったです。
前回の物件が3,080万円と手頃でしたので、比較すると値が張りましたが、母も好印象な様子でしたし、仕事中で見学に来ることができなかった夫にはメールで確認を取り、その場で購入の意思を伝えました。

リビングのガラステーブルは昔上司からもらったもの。ソファは前居で使っていたもの。一番こだわったのは、日本の作家が国産の材料で作ったという食器棚。前居を購入した後、リビングの一番見えるところに置くために買ったもの。現在はワイングラスなどディスプレイ目的の食器を収めている。

リビングのガラステーブルは昔上司からもらったもの。ソファは前居で使っていたもの。一番こだわったのは、日本の作家が国産の材料で作ったという食器棚。前居を購入した後、リビングの一番見えるところに置くために買ったもの。現在はワイングラスなどディスプレイ目的の食器を収めている。

 

【後編を見る】夫婦それぞれの趣味や愛犬との暮らしを満喫しているOさん>>

●関連記事
愛犬とのんびり暮らせる家が欲しいという想いを叶えたNさん
浦和美園駅近くで子育てのために中古マンションを購入したAさん
「新江古田」駅近くのマンションで姉妹2人暮らしのSさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう