前居と同じ学区内で建売住宅を見つけ、購入を決めたKさん。前居の売却から、住宅ローンの選び方、オール電化住宅への仕様変更、さらにリフォームを行ってパワーアップを続ける現在の様子まで語っていただきました。

◆Kさんプロフィール <名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30 代前半/<職業・業種>管理職・情報通信業/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども3人/<勤務地>東京都中央区/<通勤時間>60分/<社会人歴>16年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>16年

◆購入物件情報 <物件所在地>埼玉県草加市/<物件種別>新築建売戸建て/<最寄りの沿線・駅>東武伊勢崎線「谷塚」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>17分/<間取り>4LDK/<購入価格>2,620万円/<頭金>なし/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済額>月8万円台前半(借り換え後8万7,000円)(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>埼玉県草加市/<購入前のローン返済額>7万円台/<購入前の間取り>3LDK/

Kさんの【前編】を見る>>

<後編>

所有するマンションをすぐに売却

今回の買い替えは、販売会社の営業担当者が「信頼できそう」と感じたことも、購入を後押ししたかもしれません。こちらから値下げ交渉をしなくても100万円の値引きを申し出てくれましたし、マンションの売却でもお世話になりました。売り出しから1~2週間で買い手が決まり、有難かったですね。震災直前のタイミングでしたので、今にして思うと、いいタイミングで売却できたなと思います。ほぼ持ち出しはゼロで売却することができました。

過去最低金利のタイミングで借り換え

前居を購入した際は、販売元に言われるまま、メガバンクで住宅ローンを組んでしまいました。変動金利だったのですが、「いつ金利が上がるか分からない」という不安が付きまといました。そこで今回は、自分で情報を収集。固定金利の安心感がある【フラット35】を取り扱っている中で、一番金利が低い会社にお願いしました。
その後も、【フラット35】の金利は随時チェックしていました。長期優良住宅による金利優遇を受けていましたが、10年経てば金利が上がります。そこで、当時「過去最低金利」と言われていた2015年に借り換えを実行。調べた結果金利が低かったアルヒ株式会社でシミュレーションを行い、決断しました。借り換えをしなかった場合、金利優遇期間後は、月々の支払いが1万円以上増える予定だったのですが、借り換えによって数千円に抑えることができました。

一番のお気に入りは、リビング東側の窓から見える眺望。「購入後に気づいたのですが、道路向かいの空き地に桜の木が植樹されていて、春はとてもきれいなんです。高い建物が建つ心配もないので圧迫感もなく、とても気持ちがいいですね」。

一番のお気に入りは、リビング東側の窓から見える眺望。「購入後に気づいたのですが、道路向かいの空き地に桜の木が植樹されていて、春はとてもきれいなんです。高い建物が建つ心配もないので圧迫感もなく、とても気持ちがいいですね」。

 

経済的・家事ラクのオール電化住宅へ

新居はプロパンガスの物件だったのですが、購入直後にエコキュートを設置。オール電化住宅にしました。太陽光パネルも設置したかったので、新居購入時から価格をチェックし続け、値ごろ感のある金額になるタイミングを待ちました。実際に設置をしたのは、引っ越してから3年後くらい。2.6kw搭載し、月々の電気代が3,000円程度で済むようになりました。

太陽光発電システムによる発電量や使用電力、売電・買電情報などは、テレビモニターで気軽に確認できる。

太陽光発電システムによる発電量や使用電力、売電・買電情報などは、テレビモニターで気軽に確認できる。

 

収納計画は引っ越し前に検討を!

新居にはおおむね満足していますが、分譲マンションと比べて、作り付けの収納スペースが少ないことが課題でした。事前にもう少し考えておけば良かったですが、当初はインターネットで購入した家具で凌いでいたんです。しかし、色もサイズもぴったりフィットせず、妻からの評判はイマイチ。妻は住み始めてから、欲しい家具のイメージが湧いてきたようで結局、ユニット家具を購入し直すことになりました(苦笑)。

ユニット家具は、事前に家で採寸をしてから購入。ぐずるお子様たちをなだめすかしながら、家具店で丸1日検討して選んだそう。「私は運んだり、組み立てたりする係でしたが、やり始めると楽しいですね」。

ユニット家具は、事前に家で採寸をしてから購入。ぐずるお子様たちをなだめすかしながら、家具店で丸1日検討して選んだそう。「私は運んだり、組み立てたりする係でしたが、やり始めると楽しいですね」。

 

 

日々進化を遂げるマイホーム

戸建て暮らしになり、子どもたちが好きなだけ走り回れるようになったことが何よりも嬉しいですね。引越し後に三男が誕生し、床が抜けそうなほどに大暴れしています(笑)。妻は、幼稚園のママ友を招くことが増えた様子。公園が近くなったので、休日も思い立った時に遊べる環境も気に入っています。
また、住み心地を高めるためのリフォームも進行中です。先日は、子ども達が停めやすい駐輪スペースを設置。地元のリフォーム業者を利用すると補助が出るので、お願いしました。また、妻が室内物干しの設置も希望していましたので、同時に設置を依頼しました。今後の夢は、屋根裏部屋を作ること。何百万円も掛かることなのですぐに実現はできませんが、スキー板など大きな物を表に出さずに収納できるようにしたいなと思っています。

【前編に戻る】分譲マンションから新築戸建てへ買い替えを決意したKさん>>

●関連記事
新築オール電化住宅を購入。住宅ローンは親子で返済しているOさん
実家を二世帯住宅に建て替え。家族水入らずの毎日を過ごすSさん
自然素材にこだわり、注文住宅へ住み替えた小平市のTさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう