住み慣れた浦安市内で、条件にぴったりの新築マンションを見つけたSさん。住宅ローンに対する考えから、オリジナリティを高めたリフォーム、マイホームでの暮らしと子育て環境まで、じっくりとお聞きしました。

◆Sさんプロフィール <名前>Sさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>製造業・事務職/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども1人/<勤務地>東京都中央区/<通勤時間>40分/<社会人歴>11年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>11年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>千葉県浦安市/<物件種別>新築マンション/<最寄り駅までの徒歩分数>5分/<間取り>3LDK/<購入価格>4,980万円/<頭金>800万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済額>月10万円(ボーナス払いあり20万円)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>千葉県浦安市/<購入前の家賃>10万円/<購入前の間取り>2LDK/

Sさんの【前編】を見る>>

<後編>

住宅ローンは安心感のある固定金利で

住宅ローン会社は、デベロッパーさんに紹介してもらいました。「変動金利が上下する度にヒヤヒヤしたくない」と夫婦ともに考えていたので、固定金利タイプを希望。金融機関を数社紹介してもらった中で、夫が「ここしかない」と気に入ったアルヒ株式会社を選択しました。
ペアローンも少し考えてシミュレーションをしたのですが、メリットが感じられなかったこと、私が妊娠中のため、審査で銀行の評価が得られそうになかったことから見送りました。
今後は【フラット35】Sの優遇金利が適用される5年間を目途に、繰り上げ返済を目指しています。購入時のシミュレーションに使ったフォーマットを活用し、毎月キャッシュフロー表を夫婦で作成。収支を把握する習慣がつき、順調に貯蓄を続けています。年間100万円程度は貯めたいですね。

玄関の壁には、リビングと同じ白のブリックタイルを張って、目を引く空間を創出。

玄関の壁には、リビングと同じ白のブリックタイルを張って、目を引く空間を創出。

 

マイホームなら自分好みにカスタマイズできる

賃貸物件時代から、壁に棚をつけたり、壁紙を張ったり、DIYを楽しんでいましたので「マイホームを購入したら絶対にカスタマイズしたい」と思っていました。そこで、入居前には知り合いの業者に頼み、5日間ほど掛けてリフォームを実施。壁にタイルを張ったり、漆喰を塗ったりしています。材料は自分たちで取り寄せて、60万円程度で施工。通常なら100~150万円程度かかると思いますので、満足しています。
今回は予算オーバーでできなかったのですが、将来的にはトイレの壁を一面張り替えたり、水廻りが汚れてきたタイミングで壁紙を張り替えたり、天井にモールディングを付けたりしたいですね。今から海外のカタログを眺める日々です(笑)。

キッチン横の壁に、DIYで黒板を貼った。「その日にやることを書き出すなど、活用しています」。

キッチン横の壁に、DIYで黒板を貼った。「その日にやることを書き出すなど、活用しています」。

 

住民層も住まいのスペックも期待通り

新居は線路に近い立地なのですが、線路側の窓は全て複層ガラスになっているため静かです。購入前には防音性能について特別気にしてはいなかったのですが、子どもが夜泣きをしても周囲へ音漏れの心配が少なく、住み始めてから「この物件を買って良かった」と思いました。近所にどんな住民がいるのか、事前に分かった上で購入できたことも大きかったですね。同い年のお子さんがいるファミリーが多いので、地域の子育てイベントに一緒に参加したり、情報交換をしたりしています。
間取りは3LDKですが、リビングに仕切りがあるので4LDKのようにも使えます。キッチンは食洗機付き。私も夫も料理好きなので、ガスコンロで火力が強いところも嬉しかったです。夫が常備菜を作ってくれることも多いですね。浴室は、私が花粉症で外干し厳禁のため、浴室乾燥をフル稼動させています。洗濯物を干せるバーが始めから設置されていたことも有難く、重宝しています。

グレーの無機質なクロス張りだったキッチンには、イタリアから取り寄せた白いタイルを張った。「写真はリフォーム風景です。タイルはサンプルを取り寄せた中で、質感の良いものを選びました」。

グレーの無機質なクロス張りだったキッチンには、イタリアから取り寄せた白いタイルを張った。「写真はリフォーム風景です。タイルはサンプルを取り寄せた中で、質感の良いものを選びました」。

 

子育て支援に力を注ぐ浦安市

浦安市は子育てに対する支援が手厚く、マザーズバッグや肌着、靴下などのプレゼントがあったり、イベントも頻繁に行われたり、育児で孤立しないシステムが構築されています。助産師さんが訪問してくれるプログラムも助かりましたね。初めての妊娠・出産で分からないことだらけでしたので、有難かったです。保育園の数も、認可・認可外ともに多く、希望通りの暮らしができています。都内の友人が、保育園の空きがなく困っている話を聞くと、「浦安市を選んで良かった」と感じます。

新居への引っ越しに合わせて、エアコンや空気清浄機を購入したそう。「子どもが生まれることを意識して、自動洗浄機能などがついた良いものを選びました」。

新居への引っ越しに合わせて、エアコンや空気清浄機を購入したそう。「子どもが生まれることを意識して、自動洗浄機能などがついた良いものを選びました」。

 

育児に専念できる環境での暮らし

住宅購入はご縁とタイミング。こんなに早く購入する予定はなかったのに勢いで買ってしまいました。だらだらと家探しをしていたら決断できなかったと思いますが、2~3ヶ月の短期決戦で集中して考え抜いたことで、納得の購入ができました。
住環境にストレスを感じることがないので、家にいる時間が長くなりましたし、育児に専念できますね。ママ友を家に呼ぶ機会が増えましたが、赤ちゃんが4~5人いても元気にハイハイしています。こんな時間を過ごせるのも、新居を購入したからですね。

【前編に戻る】理想の駅近・新築マンションと出会い、購入を決めたSさん>>

●関連記事
借り換えで約150万円もお得に。60歳完済を目指すKさん
横浜市の新築マンションを購入から3年で買い替えたYさん
豊洲駅近くのタワーマンションに住み替えたNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう