JR横浜線「矢部」駅から徒歩圏内の建売戸建てを見つけたIさん。必要に迫られ、前居の退去日が迫る中での買い替えだっただけに、苦労も多かったようです。愛犬たちと暮らす現在の様子も含めて、お話を伺いました。

◆Iさんプロフィール <名前>Iさん/<性別>男性/<年代(購入時)>50代前半/<職業・業種>タクシー運転手・運輸業/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども1人/<勤務地>東京都目黒区/<通勤時間>1時間40分/<社会人歴>36年/<転職回数>7回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>4年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>神奈川県相模原市/<物件種別>新築戸建て/<最寄りの沿線・駅>JR横浜線「矢部」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>20分/<間取り>3LDK+S/<購入価格>2,600万円/<頭金>0万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月11万2,872円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>24年/<引っ越し前の所在地>神奈川県相模原市/<新居購入前の住宅ローン返済額>6万円(ボーナス時17万円)/<購入前の間取り>3LDK/

Iさんの【前編】を見る>>

<後編>

住宅ローンの借り入れに難航

購入を決めた建売住宅は、6軒中3軒が売却済みの状態でした。値下げ交渉は特にしなかったのですが、端数の80万円をサービスしていただき、有難かったですね。
住宅ローンの借入先選びは、不動産会社にお任せ。はじめは地方銀行をいくつか紹介されたのですが、どこも審査を通りませんでした。実は、急遽住宅を購入することになったため、買い替えに向けた貯蓄を全くしていなかったんです。また、タクシー運転手という職業柄、収入が不安定と見られがち。転職して4年しか経っていなかったこと、また年齢も50代ということも影響したかもしれません。

月々の返済も、固定資産税の支払いもラクに

「頭金が100万円程度あれば貸します」と回答をいただいた金融機関もあったのですが、その用意も難しく困っていました。そんな時に紹介して貰ったのが、アルヒ株式会社でした。比較的すんなりと審査が通り、本当に感謝しています。自動車のローンや、娘の大学ローンが終了したタイミングだったことも良かったのかもしれませんね。
分譲マンション時代の家賃と駐車場代、管理費を合わせた金額よりは月々の出費を抑えることができましたし、金利も当時より低いので、順調に返済できています。前居よりも郊外に引っ越したため、固定資産税も2万円ほど安くなりました。マンションから戸建てになったので覚悟していたのですが、少し意外でしたね。
現時点ではあまり余裕がないのですが、まとまった金額が入った際には、繰り上げ返済も検討したいですね。まずは高い金利で借りている諸費用分の借り入れの230万円分から返済できればと思います。

玄関の横にリビングがある作りのI邸。愛犬がリビングの窓越しに顔を覗かせていることも多いそう。

玄関の横にリビングがある作りのI邸。愛犬がリビングの窓越しに顔を覗かせていることも多いそう。

 

慌ただしく引っ越し

夫は朝早くから夜中まで働いているため、タイトなスケジュールで引っ越し作業をするのは大変でしたね。見積もりをしてくれた引っ越し屋さんが置いていってくれた段ボールでは全く足りず、3日前には追加で購入、前日には更に足りなくなり、私が働くスーパーで段ボールを確保しました。事前に大きなゴミを捨てられれば良かったのですが、その暇もなく、全て新居へ運ぶ羽目になってしまいました(苦笑)。

リビングが広く、隣接する居室の床もフローリング。愛犬が走り回りやすく、掃除もしやすいそう。「階段の昇降もしやすいようで、愛犬たちが喜んでいます」。

リビングが広く、隣接する居室の床もフローリング。愛犬が走り回りやすく、掃除もしやすいそう。「階段の昇降もしやすいようで、愛犬たちが喜んでいます」。

 

新居の間取り

新居は1階がLDKと納戸、水廻りという間取り。納戸はコートなど衣類を収納し、着替えスペースにしています。浴室の向かいなので、入浴後の着替えに便利なんです。シャンプーなどのストックもしまっています。
2階には3つの居室があり、娘の部屋と夫婦の寝室にした他、北側の洋室を私の趣味部屋にしました。父から譲り受けたデッキ類を接続し、ビデオの編集作業をしたり、アルバムを並べたりしています。余ったベッドもここに置きましたので、客間として使ってもいいですね。

駐車場の裏には小さなガーデニングスペースがあり、最近は季節の花を植えたプランターを並べて楽しんでいる。「他の5軒にはないスペースなので羨ましがられています(笑)。奥は将来、ドッグランスペースにできたらいいですね」。

駐車場の裏には小さなガーデニングスペースがあり、最近は季節の花を植えたプランターを並べて楽しんでいる。「他の5軒にはないスペースなので羨ましがられています(笑)。奥は将来、ドッグランスペースにできたらいいですね」。

 

家族も愛犬も快適な暮らし

駅までの徒歩分数も通勤時間も延びましたが、家族から不満はあまり出ていません。戸建てに引っ越したことで、肩身の狭い思いをせず、愛犬たちとゆったりと過ごせるようになったことが何よりも嬉しいですね。リビングがマンション時代よりも広くなりましたので、テーブルを置いてもなお、5匹の愛犬が遊べるスペースを確保できています。
先日は愛犬の兄弟が里帰りをしてくれて、久々の再会も果たしました。また遊びに来てくれるそうなので、それまでにドッグランを作ることが目標です!

【前編に戻る】5匹の愛犬のために建売戸建てを購入したIさん>>

●関連記事
「親子リレー返済」で新築戸建てを購入したOさん
立川市で建売ながら自分たち好みの家を実現したMさん
子どもたちに背中を押されて新築戸建てを購入したKさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう