転職・引っ越しを経て、新築注文住宅を建てることになったSさん。限られた時間の中で、土地購入やハウスメーカー選び、そして初めての家づくりを実現した経緯を伺いました。

◆Sさんプロフィール <名前>Sさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代後半/<職業・業種>情報通信業・SE/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども1人/<勤務地>東京都新宿区/<通勤時間>75分/<社会人歴>15年/<転職回数>3回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>0年

◆購入物件情報 <物件所在地>千葉県柏市/<物件種別>新築注文戸建て/<最寄りの沿線・駅>つくばエクスプレス「柏たなか」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>20分/<間取り>3LDK+S/<購入価格>3,700万円/<頭金>500万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済額>月9万9,000円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>千葉県柏市/<購入前の家賃>9万円/<購入前の間取り>2LDK/

Sさんの【後編】を見る>>

<前編>

転職を機にメゾネットマンションへ引っ越し

もともと千葉県松戸市内にある社宅で暮らしていたのですが、会社の倒産を機に転職・引っ越しの必要に迫られていました。私の実家に近く土地勘がある、つくばエクスプレス線沿線で賃貸物件を検討。各駅停車でゆったりと通勤がしたかったこと、以前から戸建て願望があり、一度暮らしてみたかったことから、「柏たなか」駅近くのメゾネットマンションを借りて、2年ほど暮らしました。

暮らしてみたことで分かった家づくりの希望

2階にリビングがある間取りだったのですが、防犯面が気になり、1階の居室は窓をほとんど開けることができませんでした。「自分が家を建てるなら、リビングは1階がいい」と気付けたことが大きかったですね。また、玄関がとても狭く、息子の三輪車を置きづらかったことから「玄関は広くしたい」という要望も生まれました。私が喫煙するスペースとして、ベランダもあった方がよさそうだと思いました。

玄関ホールの壁紙はカラフルなストライプをチョイス。「遊びに来たみなさんが、第一声で『可愛い』と言ってくれます」。

玄関ホールの壁紙はカラフルなストライプをチョイス。「遊びに来たみなさんが、第一声で『可愛い』と言ってくれます」。

 

住宅性能に定評のあるハウスメーカーを選定

メゾネットマンションに引っ越した半年後くらいから、マイホームに向けて動き出しました。「建っている家に自分たちが合わせるのではなく、自分たちに合わせた家を建てたい」と思っていましたので、当初から注文住宅しか考えていませんでしたね。
ハウスメーカー探しのため、茨城県つくば市や同じ千葉県柏市の柏の葉エリアにある展示場を見学したのですが、デザインと住宅性能を両立している会社が、なかなか見つかりませんでした。
「賃貸マンションの更新料を払わずに引っ越したい」という思いからリミットが迫っていると感じ、不動産会社さんが懇意にしているというハウスメーカーを2社紹介して貰い、高断熱・高気密住宅に定評がある会社に依頼を決めました。

浴室は壁も浴槽も緑。「元気が出る色を意識して全体のクロスなどを選んでいますが、浴室は落ち着ける空間にしたいと思いました」。トイレも緑で揃えたそう。

浴室は壁も浴槽も緑。「元気が出る色を意識して全体のクロスなどを選んでいますが、浴室は落ち着ける空間にしたいと思いました」。トイレも緑で揃えたそう。

 

予算内で条件に合った土地を発見!

「まずは土地を探そう」と、近所の不動産会社に相談。「40坪以上」「学校にできるだけ近い」「大通り沿いではない」「予算1,500万」の条件でお願いしていたのですが、予算がネックとなり、なかなか見つかりません。数社に声を掛けてみましたが、紹介される物件はどこも同じ印象でした。
購入した土地は、たまたまインターネット検索で見つけました。学校の目の前にあり、南の角地なので日当たりも抜群! 古家付きでしたが、価格も期待通りでしたので、お世話になっていた不動産会社を通して連絡を入れました。
インターネットには1,400万円と掲載されていたのですが、連絡を取ると「1,500万円の間違いでした」との回答。納得できず交渉を続けた結果、1,500万円支払う代わりに、古家の取り壊しもしてもらうことで落ち着きました。

ツートンの外観は間に白いモールを入れたのがこだわり。「海外の田舎町にあるような家にしたかった」とSさん。真っ赤な玄関扉をチョイスし、ご近所さんからは「赤い扉の家」と認識されているそう。

ツートンの外観は間に白いモールを入れたのがこだわり。「海外の田舎町にあるような家にしたかった」とSさん。真っ赤な玄関扉をチョイスし、ご近所さんからは「赤い扉の家」と認識されているそう。

 

家づくりの予算と優先順位を念頭に置いた家づくり

新居を建てるにあたり、土地代の他に建築費用が2,200万円ほど掛かりました。総予算は、月々の住宅ローン返済額を8万円台におさめる想定で検討。ハウスメーカーさんが出してくれた費用明細を参照しながら、どの設備を残し、どこを削るのか決断しました。方向性を決める度に費用明細を作り直していただき、とても参考になりましたね。譲れない条件が多く、結果的には金銭面で少し妥協をしたのですが、納得の家づくりができました。
また、「HEMS」の導入で補助金を受け取ることを教えてくれたのも、営業担当の方でした。細やかな対応が有難く、本当にお世話になりました。

寝室の天井には空模様の壁紙をチョイス。夜は星空になる仕組みで、リラックスして眠れるそう。

寝室の天井には空模様の壁紙をチョイス。夜は星空になる仕組みで、リラックスして眠れるそう。

【後編を見る】FPのアドバイスを元に住宅ローン借り換えも実施したSさん>>

●関連記事
湘南にセカンドハウスを新築。週末移住でスローライフを満喫するNさん
加須市で注文住宅を建築。家族のだんらんとデザインにこだわったAさん
2015年の注文住宅の平均建築費は2,943万円。対前年で138万円の上昇

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう