共同住宅に関する経営の指導や法律・税務相談などを行う公益社団法人東京共同住宅協会は、大手ハウスメーカー8社を集めた『賃貸住宅土地活用フォーラム』を開催する。開催日時は2016年8月24日で、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて行われる。

建物の構造には木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがある。さらに、ハウスメーカー・建築会社にも得意分野とそうでない分野がある。土地活用を成功させるためには、希望する土地活用にふさわしい構造や、その構造を得意とするハウスメーカーや建築会社を選択することが重要なポイントとなる。

しかし、数多くの構造や企業から最適な選択をするためには、さまざまな情報収集が必須であり、土地オーナーにとっては大変な作業となる。このような状況を踏まえて今回、同協会では東京都を代表する大手ハウスメーカーや建築会社を集めたフォーラムを開催。公益社団法人の中立的な立場から、さまざまな構法や最適な建築会社選びをアドバイスする。

フォーラムでは、特別講演のほか、各ハウスメーカーや建築会社の商品説明会を開催。参加するメーカー、建築会社は、旭化成ホームズ、生和コーポレーション、三菱地所ホーム、住友林業、桧家不動産、パナホーム、ミサワホーム、積水ハウスの8社。また、賃貸経営にまつわる悩みや質問に専門スタッフが答えてくれる個別相談会も行う予定。

詳しい内容についてはこちらへ
http://tojukyo.net/info/2016-08-24genba.html

●関連記事
「工務店」「ハウスメーカー」「設計事務所」の違いは?
マイホームで稼ぐ!? 「賃貸併用住宅」のメリットデメリット
持ち家と賃貸、どっちがよい?

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう