リノベーション済みのマンションを見つけ、購入を決めたSさん。しかし、契約前には「住宅ローン審査」という壁が立ちはだかっていました。

◆Sさんプロフィール <名前>Sさん/<性別>女性/<年代(購入時)>40代前半/<職業・業種>会社員・医療/<雇用形態>正社員/<年収>350万/<家族構成>本人+母/<勤務地>東京都板橋区/<通勤時間>75分/<社会人歴>25年/<転職回数>2回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>1年半

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都大田区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>京浜急行「平和島」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>3分/<間取り>2LDK/<購入価格>2,480万円/<頭金>0円/<住宅ローン>変動金利(当初固定金利型・5年)/<住宅ローン返済額>月7万2000円(ボーナス払いなし、インタビュー時現在の返済額)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都大田区中央/<購入前の家賃>11万円/<購入前の間取り>2DK/

Sさんの【前編】へ戻る>>

<後編>

住宅ローン審査に苦戦

不動産会社の営業担当者が、メガバンクや地方銀行などの住宅ローン審査の申請をしてくれました。しかし、正社員期間の短さや預貯金の少なさから、どこも審査が通りませんでした。
そんな時に、アルヒ株式会社を紹介してもらいました。最終的には審査が通ったのですが、確定申告の書類や給与明細といった一般的な提出物に加え、様々な書類を提出する必要があって大変でしたね。クレジットカードでボーナス払いを使っていたので完済する必要があったのですが、クレジットカード会社がなかなか繰り上げ返済をさせてくれなかったんです。交渉の電話をするために、半休をとったこともありましたね。完済証明を取得するまでに2ヶ月も掛かってしまいました。

物件探しの前に事前審査が通っていたら?

住宅ローン審査が通るまでかなり苦労をしたので、書類にサインをする瞬間まで「本当に借りられるの?」と半信半疑でした。無事に購入できてよかったです(笑)。
実は家探しの際、事前に住宅ローン審査をしてくれる不動産会社も訪ねたのですが、私の条件では相手にしてもらえなかったんです。もし、事前審査が通っている状態で家探しができる状況なら、もう少しアパート暮らしを続けながら頭金を貯めていたと思います。もっとスムーズに購入できたのではないかと思います。

料理は主にお母様の担当。「ガスの3口コンロで火力もあるので使いやすいそうです。豚汁が得意料理で、リクエストをすると作ってくれます」。

料理は主にお母様の担当。「ガスの3口コンロで火力もあるので使いやすいそうです。豚汁が得意料理で、リクエストをすると作ってくれます」。

 

老後まで見据えた資金計画

本当に購入できるのか、自分に返済能力があるのかが分からない状況でしたので、物件価格は1円でも安い方がいいと思っていました。しかし、住宅ローン審査でバタバタしていたので、値下げ交渉のタイミングを逸してしまいました。2,488万円で販売していたのですが、端数の8万円だけ、おまけしてもらいました。
手付金を現金で支払う必要があり、母から200万円ほど援助を受けました。
今後は繰り上げ返済も検討しています。そのため、貯蓄系の生命保険を増額しました。65歳の定年時にまとまった金額がおりる予定です。住宅ローンの繰り上げ返済に充てるか、自分の老後資金とするか、15年後の状況に応じて決めたいと思います。

トイレは自動開閉式。「初めてだったので、何度も座ってみたり、タイミングが合わなかったり(笑)、引っ越したばかりの頃は思わずはしゃいでしまいました」。

トイレは自動開閉式。「初めてだったので、何度も座ってみたり、タイミングが合わなかったり(笑)、引っ越したばかりの頃は思わずはしゃいでしまいました」。

 

使い勝手が良く、良好な住み心地

新居は全体的に清潔感があり、日当たりや風通しも良好。カウンターキッチンから、リビングやバルコニーを一望できるところがいいですね。玄関の自動点灯機能や、収納力の高い2つのクロゼットなど、実際に暮らしてみて「使いやすい」と感じる箇所が多く、女性プランナーならではの目線で作られた住まいだなと、再認識しました。
私の居室には窓がないことを心配していたのですが、とてもよく眠れて意外と快適でした。前居よりも、快適に暮らせています。

Sさんの居室には窓がないが、帰って寝るだけなので割り切っているそう。「ベッドとクロゼットしかありませんが十分です。母の部屋はバルコニーに面しているのですが、『明るいリビングの居心地がいい』と、いつも同じ場所で過ごしています」。

Sさんの居室には窓がないが、帰って寝るだけなので割り切っているそう。「ベッドとクロゼットしかありませんが十分です。母の部屋はバルコニーに面しているのですが、『明るいリビングの居心地がいい』と、いつも同じ場所で過ごしています」。

 

周辺環境もマイホームからの眺望もお気に入り

「平和島」駅前には一通りの買い物スポットが揃っています。終電時間に帰宅する際、周辺が明るく安心して歩けるところもいいですね。住んでみてますます、良いエリアだなと思いました。また、駅まで徒歩3分なので、毎日の通勤もラクになりました。
休日は、今まで以上に家で過ごす時間が長くなりました。住戸が道路と逆サイドに位置しているので、周囲の視線を気にせず、窓を開けて眺望を楽しめます。時には、東京湾方面まで散歩へ出掛けることも。母とは生活時間帯が違うので、一緒に出掛けることは少ないのですが、開拓したエリアの情報交換をして楽しんでいます。

アパート時代には古いエアコンを使用していたというSさん。新居には3基のエアコンが設置されていたそう。「購入にはまとまった金額が必要なのでラッキーでした。物件を購入した決め手の一つだったかもしれません」。

アパート時代には古いエアコンを使用していたというSさん。新居には3基のエアコンが設置されていたそう。「購入にはまとまった金額が必要なのでラッキーでした。物件を購入した決め手の一つだったかもしれません」。

京急「平和島」駅近くのリノベ済みマンションを購入したSさんの【前編】へ戻る>>

●関連記事
新築から中古マンションに買い替えたUさん
手数料を抑えて、賢く住宅購入したKさん
大宮区にあるマンションの最上階を購入したKさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう