大宮区にあるマンションの最上階を購入することになったKさん。値下げ交渉や住宅ローン申請、引き渡し後のリフォームについてもお聞きしました。

◆Kさんプロフィール <名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>40代後半/<職業・業種>バス運転手・運送業/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万/<家族構成>夫婦/<勤務地>埼玉県さいたま市大宮区/<通勤時間>自転車5分(徒歩10分)/<社会人歴>28年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>24年

◆購入物件情報 <物件所在地>埼玉県さいたま市大宮区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>JR各線・東武野田線・さいたま新都市交通伊奈線「大宮」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>23分/<間取り>3LDK/<購入価格>3,650万円/<頭金>500万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月10万円強(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>34年/<引っ越し前の所在地>埼玉県さいたま市西区/<購入前の家賃>7万円/<購入前の間取り>2LDK/

Kさんの【前編】へ戻る>>

<後編>

築浅のマンションの価値は?

購入を希望した住戸の提示価格は3,700万円。新築時に3,800万で販売されていた物件だと聞き、「100万円しか下がっていないのならもう少し安くなるのでは?」と思いました。リフォームが必要な箇所もありましたので、不動産会社を通して値下げができないか打診してもらうことに。売主さんも残債があるようで交渉は難航したのですが、最終的には50万円値引きしてもらうことができました。
「中古物件なら安く買える」という先入観があったのですが、この物件の少し前に見学した「大宮」駅近くの物件は、築11年ながら新築時よりも高い価格で販売していました。「新築時より安い価格で購入できるだけ良心的ですよ」と不動産会社に諭されて、納得することができました。

西側の窓からは、天気が良ければ富士山がよく見える。「さいたま市の景観計画により、これからも高い建物が建つ心配がなさそうです。この眺望がずっと楽しめると思うと嬉しいですね」。

西側の窓からは、天気が良ければ富士山がよく見える。「さいたま市の景観計画により、これからも高い建物が建つ心配がなさそうです。この眺望がずっと楽しめると思うと嬉しいですね」。

 

住宅ローンはスピード感のある対応を重視

住宅ローンに関しては当時、低金利だと言われていました。それなら、金利の変動にドキドキすることなく返済できる【フラット35】で借りたいと思いました。実際には現在、当時よりもだいぶ金利が下がっていますが……(笑)。
自分で探したネット銀行と、不動産会社の営業担当の方が懇意にしているアルヒ株式会社に審査をお願いし、よりスピーディに対応してくれたアルヒさんにお願いしました。
ポイントを貯めるため、クレジットカードの支払いを一部リボ払いにしていたのですが、残高をゼロにしなければ審査の通過が難しいことが分かりました。少し面倒でしたが、手続き後に無事審査に通ったので良かったです。

南側からの眺望では、天気が良ければ、東京スカイツリー®も望める。

南側からの眺望では、天気が良ければ、東京スカイツリー®も望める。

 

壁や床のリフォームで快適な空間に

リフォームは、物件を購入した不動産会社のリフォーム部に依頼。リフォーム工事の申請を出してから3週間が経たないと工事許可が下りない決まりでしたし、神社の方にお願いをして引っ越しの日取りを決めていましたので時間の余裕がなく、相見積もりは取りませんでした。
壁は全て、クロスの張り替えを実施。フローリングは既存を活かしましたが、補修だけお願いしました。キッチンはフローリングの傷みが激しかったので、フロアタイルに張り替えています。クロゼットを撤去し、壁の凸凹がなくなるように補修しつつ、隣り合うキッチン側にカップボードを置けるスペースを設けるなど、どこに何を置くのか想定しながらリフォーム内容を決めました。

「電気を消した時に星が見たい」という遊び心で、リビングの天井に星空のクロスを張った。「最上階なので、天井が開いてしまったような雰囲気になればいいなと思いました」。

「電気を消した時に星が見たい」という遊び心で、リビングの天井に星空のクロスを張った。「最上階なので、天井が開いてしまったような雰囲気になればいいなと思いました」。

 

DIYや電気工事を行い、より暮らしやすく

ハウスメーカーを回った際、調湿作用や消臭作用のあるアクセント壁材の存在を知りました。妻がデザインを選び、私が玄関と寝室の壁に張ることに。設置位置を決めるのに時間がかかりましたし、施工中に洋服はボンドまみれ。大変だったので、2度とやりたくないですね(笑)でも、仕上がりとしては満足です。
また、リビングの照明をダウンライトに替えたり、コンセントを6口に増やしたりといった細かな工事を別途友人に依頼しています。リフォーム費用としては総額で、150万円程度かかりました。

「前居には押し入れが2つあったのですが、現在は1つしかないため収納力を補う必要がありました」とKさん。北側の洋室には壁面収納を新設。他の居室も家具を新調することで、収納力を高めている。

「前居には押し入れが2つあったのですが、現在は1つしかないため収納力を補う必要がありました」とKさん。北側の洋室には壁面収納を新設。他の居室も家具を新調することで、収納力を高めている。

 

暮らしやすく、人が集まりやすい家に

妻は料理が趣味なので、キッチンが広くなり、「使いやすい」喜んでいます。生ゴミディスポーザーや食洗機が付いていますし、冷蔵庫も大きなものを購入したので料理や片付けがしやすくなったようです。
現在は新居へ引っ越して1ヶ月も経っていませんので、まだ片付けの毎日です。片付けが終わったら、少しずつ手を加えながら、より住み心地の良い家にしていきたいですね。和室に、縁なし畳を敷き直す計画もあるんですよ。
前居には会社の同僚がよく遊びに来ていましたので、落ち着いたらみんなを招いて、寛いでもらいたいと思っています。

眺望も抜群の築浅マンションを購入したKさんの【前編】へ戻る>>

●関連記事
国立市の中古マンションへ買い替えを行ったUさん
中古マンションをリフォームして家族との距離が縮まったと語るIさん
夫婦で台東区の駅近中古マンションを購入したSさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう