結婚を機に、マイホームの購入を決めたKさん。職場に近く住環境としても申し分のない住まいを見つけるまでの経緯を伺いました。

◆Kさんプロフィール <名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>40代後半/<職業・業種>バス運転手・運送業/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万/<家族構成>夫婦/<勤務地>埼玉県さいたま市大宮区/<通勤時間>自転車5分(徒歩10分)/<社会人歴>28年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>24年

◆購入物件情報 <物件所在地>埼玉県さいたま市大宮区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>JR各線・東武野田線・さいたま新都市交通伊奈線「大宮」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>23分/<間取り>3LDK/<購入価格>3,650万円/<頭金>500万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月10万円強(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>34年/<引っ越し前の所在地>埼玉県さいたま市西区/<購入前の家賃>7万円/<購入前の間取り>2LDK/

Kさんの【後編】へ戻る>>

<前編>

結婚のタイミングでマイホームを検討

勤務先まで徒歩5分の立地にあるアパートで、9年ほど暮らしていました。最寄りの「大宮」駅まで距離がありましたが、当時は一人暮らしでしたので、職場にさえ近ければ不都合はなかったです。強いて言えば、当時は旅行が趣味で、一人でふらりと海外へ旅立つことが多かったため、「もう少し駅に近ければラクなのに」と思ったことがあるくらいでしょうか。
1年前に結婚が決まり、マイホームが欲しいと考えるようになりました。ただ、ちょうどそのタイミングでマンションの更新時期を迎えてしまったため、ひとまず更新することに。次の更新までに、ゆっくりと家探しをすることになりました。

南側のリビングとバルコニーからの眺望。天気が良い日には、新宿の高層ビル群も望める。

南側のリビングとバルコニーからの眺望。天気が良い日には、新宿の高層ビル群も望める。

 

戸建て? マンション?

妻は病院勤務のため、勤務先を住まいに合わせて選ぶことができます。そこで、私の職場に近く、最寄り駅まで徒歩圏内という条件で家探しを開始。予算は4,000万円くらいで考えていました。
私は10年ほど戸建てに住んでいた経験があり、戸建てに惹かれる気持ちがあったのですが、妻はマンション派でした。また、共働きの二人暮らしですから、「老後に足腰が弱くなれば2階を使わなくなるのでは?」という想いがあり、マンションが現実的だと思いました。
実際、平屋を建てる想定で住宅展示場を見学したこともありましたが、思い描く広さの家を建てるには50坪くらいの土地が必要で、金銭的に現実的ではありませんでした。

テレビボードを設置して、収納力をアップ。リビングに散らばりがちな物は全て隠してしまえるので、すっきりとした状態を保てる。

テレビボードを設置して、収納力をアップ。リビングに散らばりがちな物は全て隠してしまえるので、すっきりとした状態を保てる。

 

中古マンションに絞って検討

不動産会社を何社か回り、マンションを見学。新築マンションは3軒ほど見学しましたが、選択肢が少なく、職場まで遠い物件ばかり。自転車通勤に慣れてしまうと、マイカー通勤はおっくうに感じてしまい、購入には踏み切れませんでした。必然的に、中古マンションが現実味を帯びてきましたね。

購入後のリフォームで、洗面所に室内物干しを設置。「自動で昇降できるのでとても便利です。今、一番使っている設備かもしれません(笑)」とKさん。

購入後のリフォームで、洗面所に室内物干しを設置。「自動で昇降できるのでとても便利です。今、一番使っている設備かもしれません(笑)」とKさん。

 

立地の良い築浅マンションを発見

「大宮」駅まで徒歩圏内でバス停まで徒歩5分、築4年と築浅のマンション情報をインターネットサイトで見つけ、興味を持ちました。3階・西向きの住戸を、午前と午後の2回見学したのですが、外は晴れていたにも関わらず、電気をつけなければ暗い状態。もう少し採光のとれるところに住みたいと思いました。
その際、同じマンションの最上階である、15階の住戸がもうすぐ空く予定だと教えてもらったんです。購入価格が1,300万円ほど上がってしまうことはネックでしたが、住宅ローンを組めるのであれば購入を検討したいと思いました。

Kさんの新居は南西角部屋。ベランダの先には美しい夜景が広がっている。「飛行機を眺めるのも、夜景を楽しむのも大好き。毎日満喫しています」。

Kさんの新居は南西角部屋。ベランダの先には美しい夜景が広がっている。「飛行機を眺めるのも、夜景を楽しむのも大好き。毎日満喫しています」。

 

日当たり良好の最上階住戸を購入!

最上階の住戸は南向き。日当たりが良く、周囲に視界を遮るものがなくて、一目で気に入りました。築4年にしては、壁やフローリングなどに使い込んだ形跡があったのですが、そこはリフォームでカバーできると判断し、購入の意思を伝えました。
まだインターネットに情報が掲載されていなかったこと、売主が引っ越し先を既に購入済みで、できるだけ早く売りたがっていたことなど、幸運が重なったおかげで購入することができました。

リフォームで快適な暮らしを実現したKさんの【後編】へ戻る>>

●関連記事
国立市の中古マンションへ買い替えを行ったUさん
中古マンションをリフォームして家族との距離が縮まったと語るIさん
夫婦で台東区の駅近中古マンションを購入したSさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう