2度のマイホーム購入に加え、サラリーマン大家としていくつかの物件を所有するNさん。お子様が成長し、定年を数年後に控えたタイミングで考えるようになったのは、セカンドハウスのある生活でした。

◆Nさんプロフィール <名前>Nさん/<性別>男性/<年代(購入時)>50代後半/<職業・業種>管理職・総合商社/<雇用形態>正社員/<年収>2,000万円/<家族構成>本人と息子、娘(自宅は本人+娘)/<勤務地>東京都/<移動時間>自宅から1時間/<社会人歴>35年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>35年

◆購入物件情報 <物件所在地>神奈川県横須賀市佐島の丘/<物件種別>注文住宅/<最寄りの沿線・駅>JR横須賀線「衣笠」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>「衣笠」駅まで車で15分、「逗子」「新逗子」駅からバスで25分/<間取り>3LDK/<購入価格>約4,300万円+太陽光パネル200万円/<頭金>500万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済額>月9万6,000円(ボーナス払いあり・38万×2回)/<住宅ローン返済期間>22年/<自宅所在地>神奈川県横浜市/<家賃>10万円/<間取り>2LDK/

Nさんの【後編】へ戻る>>

<前編>

家族の状況に応じて住み替えを続けて

結婚後、2LDKの新築マンションを購入しました。子どもができて手狭に感じ始めていた頃、海外転勤をきっかけに賃貸へ出しました。帰国後、留守宅はそのまま賃貸として継続し、5LDKの中古マンションを購入。永住するつもりでしたが、その後妻を亡くしたことで3人ではやや空間の無駄が多いと感じるように。住宅ローンの残債がありましたが、運良く借り手が見つかり、法人契約を結びました。私と子ども達は、東急田園都市線「青葉台」駅に近い、3LDKの一軒家に賃貸で引っ越し。4年ほど暮らしていたのですが、息子が独立したことから、青葉台駅近くのマンションへ移り現在娘と二人で住んでいます。昭和40年代に建てられた古い建物ですが、樹木と花が豊かな場所で今日のマンションでは考えられない広大な敷地に余裕のある建物配置となっており、移り住んで3年快適に暮らしています。

バルコニーより南西の海を臨む。「セカンドハウスは高台に位置し、海まで300メートルほどの恵まれた立地なんです」とNさん。

バルコニーより南西の海を臨む。「セカンドハウスは高台に位置し、海まで300メートルほどの恵まれた立地なんです」とNさん。

 

サラリーマン大家業が順調!

海外転勤がきっかけで始めた賃貸経営ですが、2000年以降は自宅以外にも都内を中心にいくつかの物件を区分所有するようになりました。その間、自分で住みたい家と運用向きの家は違うことを学びました。自分では全般にうまく運用できていると思いますが失敗例もあり、例えば、横浜に近いJR駅近くのバブル時に建てられたワンルームを、表面利回りの良さに惹かれて数百万円で購入。当時は4,000万円近くしたと聞いてつい手を出してしまいましたが、空室となることが多く結局実質利回りが不十分なため手放すようなこともありました。

リビングは大きな窓に囲まれた、明るく伸びやかな空間。「今は家で寛ぐよりも、忙しく外構づくりをしている時間が長いんです」とNさん。

リビングは大きな窓に囲まれた、明るく伸びやかな空間。「今は家で寛ぐよりも、忙しく外構づくりをしている時間が長いんです」とNさん。

 

“天国から地獄”の過去を乗り越えて

思い起こせば、ロサンゼルスへ転勤が決まったのは今から20年ほど前のこと。家族で移住しました。“海の見える戸建て暮らし”を満喫する幸せな毎日だったのですが、そんな時に妻の病気が発覚したんです。しかも進行していることがわかり、急遽帰国することになりました。
それからは、暮らしも住まいも一変。日本での闘病生活が始まりました。天国から突然現実に引き戻されたような感覚があり、その時の無念な気持ちは忘れられません。

風見鯨は米国在住時、サンディエゴで購入したもの。ロサンゼルスの海を見ていた鯨は17年を経て佐島の海を見ることになりました。

風見鯨は米国在住時、サンディエゴで購入したもの。ロサンゼルスの海を見ていた鯨は17年を経て佐島の海を見ることになりました。

 

今こそ、夢を叶える時

現在、子ども達が成人し、自分の老後を考える年齢になりました。幸い、安定した収入があり、恵まれた状況を有難く感じる一方、ふと「将来はどういう生活をしたいか?」と時々考えるようになりました。そんな時、脳裏に浮かんだのが、米国駐在の頃の“海の見える戸建て暮らし”でした。思えば、私には高校生の時代から漠然と、ただ決して頭から離れることなく「いつか海の見える家に住みたい」という夢がありました。一旦は叶ったかに思えた夢が、志半ばで途切れてしまったことを思い出すにつれてまたその想いが大きくなっていきました。

2階バルコニーからの眺望をバックにしたNさん。南カリフォルニアの風景を思い出すことも多いそう。

2階バルコニーからの眺望をバックにしたNさん。南カリフォルニアの風景を思い出すことも多いそう。

海の見える戸建て暮らしを実現したNさんの【後編】へ戻る>>

●関連記事
東武スカイツリーライン沿線にオール電化住宅を購入したKさん
子育てしやすい実家の土地に注文住宅を建築したAさん
自然素材をふんだんに使いぬくもり溢れる注文住宅を実現したNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう