新築マンションを購入したYさんは、わずか3年あまりで売却・買い替えを決意したそうです。その理由とは? 詳しいお話を伺いました。

◆Yさんプロフィール <名前>Yさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>サービス業・営業職/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>東京都千代田区/<通勤時間>60分/<社会人歴>13年/<転職回数>2回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>3年

◆購入物件情報 <物件所在地>神奈川県横浜市都筑区/<物件種別>新築マンション/<最寄りの沿線・駅>横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>11分/<間取り>3LDK/<購入価格>4,460万円/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月10万6,000円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>神奈川県川崎市/<購入前の住宅ローン返済額>約10万円/<購入前の間取り>3LDK/

Yさんの【後編】へ戻る>>

<前編>

お子様の誕生を機にマイホームを検討

元々関西で暮らしていたのですが、転職と同時に神奈川県横浜市の賃貸住宅へ引っ越し。東海道新幹線が停車する「新横浜」駅に近く、妻の実家がある大阪へ帰省しやすい、横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」駅近くの新築物件に入居しました。そこで1年ほど暮らしていたのですが、長女が生まれ、家族3人で暮らすには1LDKの間取りは手狭に。月々10万7,000円の家賃も高く感じていました。実は、関西在住時に大阪で大手ハウスメーカーの分譲マンションを購入した経験があったため、今回もインターネットで住宅購入シミュレーションをしてみました。その結果、家賃と同等の額を住宅ローン返済に充てれば、もっと広い家で暮らせるのではないかと気づき、住宅購入を検討するようになりました。

洗濯機は、現在の家に引っ越しをしてから購入。「ドラム式は子どもが誤って入ってしまうこともあると聞いたので避け、容量や乾燥機能を重視して選びました。少しでも家事がラクになればいいなと思います」。

洗濯機は、現在の家に引っ越しをしてから購入。「ドラム式は子どもが誤って入ってしまうこともあると聞いたので避け、容量や乾燥機能を重視して選びました。少しでも家事がラクになればいいなと思います」。

 

新築マンションを購入したものの……。

はじめは、横浜市営地下鉄「センター北」駅周辺の新築マンションを検討したのですが、人気エリアのため、なかなか良い物件が見つかりませんでした。戸建ては予算オーバー、中古物件は新築と価格差があまりなく、生まれたばかりの娘を育てる環境という面でも惹かれず。新築マンション以外は検討しませんでした。
5軒ほど見学した中で購入を決めたのは、84平米とゆとりある広さのマンション。東急田園都市線「たまプラーザ」駅へも頑張れば、徒歩圏内のため、アクセス環境は悪くないと思いましたし、最寄り駅から徒歩19分と距離がある分、割安な印象でした。購入した当時、妻は大阪で里帰り出産中だったので、マイホーム選びは最後まで私一人で行いました。

ソファやサイドテーブル、テレビボード、ダイニングテーブルなどの家具は前のマンション購入時に新調したもの。「夫婦で家具店に足を運んで選びました」。

ソファやサイドテーブル、テレビボード、ダイニングテーブルなどの家具は前のマンション購入時に新調したもの。「夫婦で家具店に足を運んで選びました」。

 

妻の希望で買い替えを決意

購入したマンションの近所に幼稚園があることは確認をしていたので、問題はないかと思ってはいたのですが、妻は“より良い教育環境”を求めていたようです。近所の幼稚園とは別の、評判の良い幼稚園へ通わせたかったようで、購入したマンションからその希望の幼稚園へのアクセスは悪く、自動車でも30分近くかかります。小学校も15分ほど歩く必要がありました。プレ幼稚園へ通うようになった頃から、「送り迎えが大変だからマイホームの買い替えを考えてほしい」と妻から言われるようになりました。ちょうどその頃、2人目も生まれることが分かり、ますます育児が大変になることを考えて、利便性の高いエリアへ引っ越すことを決めました。

食器棚はオプションで設置。「備え付けなので地震の際も安心ですし、引っ越しがラクでした。使い勝手も上々です」。

食器棚はオプションで設置。「備え付けなので地震の際も安心ですし、引っ越しがラクでした。使い勝手も上々です」。

 

資金調達の目途が立たず契約が白紙に

現在通っている幼稚園に近く、新幹線で帰省がしやすいよう「新横浜」駅にもアクセスしやすいエリアで新たなマンション探しを開始。新築で販売していたマンションが当時あまりなく、生まれて間もない子どもの世話をしながらの見学は負担が大きかったこともあり、2軒だけ見学をしました。
「センター北」駅から徒歩10分の新築マンションが気に入り、申し込みまでしたのですが、住んでいるマンションの売却先がなかなか見つからず、資金調達の目途が立たないためお断りすることに。あの時は無念でしたね。

「新築時のきれいな状態を保ちたくて、入浴の度に水滴を落とすなど大切に利用しています」とYさん。浴室換気乾燥暖房機も便利で重宝しているそう。

「新築時のきれいな状態を保ちたくて、入浴の度に水滴を落とすなど大切に利用しています」とYさん。浴室換気乾燥暖房機も便利で重宝しているそう。

 

子育て環境を重視した家探し

その後、横浜市営地下鉄ブルーラインで「センター北」駅から徒歩圏内のマンションを検討(徒歩15分)。私たちの条件に合致する立地、暮らしやすそうなモデルルーム、白を基調として清潔感のある外観パースも気に入りました。子育て環境としても、マンション内で毎週バレエなどの習い事ができたり、カフェでママ同士のコミュニケーションを育めたりと、大規模マンションならではの充実した設備や施設による魅力的な面が多かったようで、購入を決めました。

奥様も大満足の新築マンションを購入したYさんの【後編】へ戻る>>

●関連記事
頭金ゼロで新築マンションを購入したYさん
職場まで徒歩圏内の住宅を購入したTさん
自宅マンションを売却。買い替えをしたSさん

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう