不動産会社の薦めで、マイホームの検討を始めたKさん。共働きのご夫婦が通勤アクセスや生活環境を重視して選んだのは、都心ながら閑静な住宅街に佇む中古マンションでした。

◆プロフィール情報<名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>20代後半/<職業・業種>営業・保険業/<雇用形態>個人事業主/<年商>600万(所得額約300万)/<家族構成>夫婦/<勤務地>東京都千代田区/<通勤時間>30分/<社会人歴>4年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>2年

◆購入物件情報<物件所在地>東京都港区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>7分/<間取り>1DK/<購入価格>1,395万円/<頭金>なし/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割/<住宅ローン返済額>月約4万円(別途変動金利分が約5,000円・ボーナス払いなし)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>千葉県柏市/<購入前の家賃>なし/<購入前の間取り>4LDK/

<前編>

賃貸物件探しから一転、マイホーム購入へ

結婚を機に、千葉県柏市の実家から、賃貸住宅へ引っ越しを考えていました。幼少時からお世話になっていたご夫婦が経営する、地元の不動産会社に相談したところ、「借りるよりも買った方がいいのでは?」と薦められ、初めてマイホームについて考え始めたんです。
当時、私は保険会社に勤めていまして、ファイナンシャル・プランナーの資格も持っています。そこで、無理なく住宅ローンを返済できそうな金額を試算してみました。毎月夫婦で5万円ずつ、合計10万円実家に入れていたので、その分を月々の返済費用に充てる想定でプランニング。維持費も含めて3,000万円以下、購入予算は2,000万円程度に抑えれば、無理なく支払えそうだと思いました。

職場に通いやすい都心の立地にこだわり

夫婦ともに仕事ではハードワークをこなす毎日なので、通勤のしやすさを重視し、“物件のエリア”にはこだわりました。23区内の中でもJR山手線の「五反田」、「大崎」駅といった城南地区や、「目黒」、「白金高輪」、「泉岳寺」駅といった東京メトロ沿線の物件が候補でしたね。妻は更に、「職場までDoor to Doorで30分以内」「最寄り駅から徒歩10分以内」という条件を理想としていました。
また、将来子どもが生まれたら、購入した住まいを賃貸に出して、広いところへ引っ越す必要が出てくるでしょう。購入するなら借り手が付きやすい間取りの家にすべきだと思いました。そうした観点から、中古マンションに絞って家探しを始めました。

マイカーは、マンション内の駐車場へ。「都心で運転するのは怖いという人もいるのですが、交通網が整備されているので意外と走りやすい印象です」とKさん。

マイカーは、マンション内の駐車場へ。「都心で運転するのは怖いという人もいるのですが、交通網が整備されているので意外と走りやすい印象です」とKさん。

 

縁のある物件と巡り合うまで待つこと

4~5ヶ月の間に、15軒ほど内覧しました。物件を見慣れるまでは、どの物件も良く見えていたのですが、不動産会社の方からは「どんな物件が欲しいか、何が譲れない条件なのかをきちんとイメージして」とアドバイスをいただき、冷静になれました。
「物件は縁なので、待てるか待てないかですよ」とも教えていただきましたね。当時は「そうは言っても、早く探さなければ」と思っていたのですが(笑)、物件購入を経験した今、言葉の真意が分かった気がします。時間や状況に追われて決めるのではなく、自分たちに合った物件と巡り合えるまで待てる状況を作り、それから探し始めることが大切だと思いました。

ダイニングには、北欧家具店で購入した間接照明を設置。可動式なので、ダイニングの照明としても、アクセントクロスを照らすにも便利。

ダイニングには、北欧家具店で購入した間接照明を設置。可動式なので、ダイニングの照明としても、アクセントクロスを照らすにも便利。

 

リフォームを前提とした物件選び

購入した物件は築35年程度と古いのですが、大規模修繕直後のタイミングでしたので、比較的綺麗な印象を受けました。売主さんが居住中だったのですが、内部は「購入後、手を入れずに住むのは難しいだろうな」と思われる状況でした。そのために売れずにいたようですが、最初からリフォームをする前提で物件を探していた私たちにとっては掘り出し物でした。
懸念材料は、国道1号線が間近なこと。騒音が少し気になりましたので、昼と夜に近隣まで足を運び、音の大きさを確認しました。国道から少し細い道に入るためか、思ったほどの音ではなかったですね。車の振動も気になりませんでした。
また、窪地や埋め立て地ではないかも確認。周囲を歩いてみると寺院やお墓が多いようでした。それをマイナスに捉える方もいると思うのですが、私たちは「災害の少ないエリアの証拠」と感じました。

トイレの背面には、ダイニングと同じアクセントクロスを張っている。「グレーの凹凸がある高級壁紙を選びました。白をベースとした空間の中でアクセントになればいいかなと思いました」。

トイレの背面には、ダイニングと同じアクセントクロスを張っている。「グレーの凹凸がある高級壁紙を選びました。白をベースとした空間の中でアクセントになればいいかなと思いました」。

 

値下げ交渉は業者にお任せ

物件の売り出し価格は1,780万円だったそうですが、売れずに1,480万円まで下がっていました。私たちとしては、より安く買えたら嬉しいところですが、売り手・買い手双方の不動産会社にとって、値下げは好ましくないでしょう。それでも、今回は懇意にしている不動産会社にお願いしていたので、売り手との交渉を買って出てくれました。そこの結果、1,400万円までプライスダウン。ダメ押しで、「クリーニングは不要なのでその代金分を値引きして欲しい」と掛け合ってもらい、更に5万円引いて貰いました。

住宅ローンの審査準備が少し大変だったと語るKさんの【後編】はこちら>>

●関連記事
・頭金ゼロで新築マンションを購入!ローン借り換えも3度行ったYさん
・邸宅街「聖蹟桜ヶ丘」へ家族で“移住”中古住宅をリフォームしたSさん
・世田谷区の中古戸建てを購入し、リフォーム再生!家族5人で住むTさん
・川崎市の中古マンションをリノベーション!DIY暮らしを満喫するNさん

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう