0630-compressor
家を買うということは、その後も家族として長く暮らしていくことをある程度想定して買う人が多いでしょう。しかし結婚したカップルの2割以上が離婚をすると言われる現代では、家の購入後に離婚をしたという人も、珍しくはないようです。そこで家の購入後に離婚し、その後の住宅ローン返済などの問題がある中、家をどのように元夫婦同士で扱っているのかを聞いてみました。

 

 平等に売却をして、財産分配をする家庭が大半を占める

回答の傾向では「二人で分配」、「夫がそのまま住む」、「離婚の慰謝料に譲る」等があげられました。具体的な回答をご紹介します。

・思い出を残したくないので、売却してお金にしてスッキリしました。(30代/男性/会社員)

・新築で注文住宅で買ったため、買い手が予定より早く見つかり売却して財産分与になりました。(40代/女性/パートアルバイト)

・売却処分しました。それで発生したお金から養育費と慰謝料を受け取れるように話し合いをしました。(30代/女性/専業主婦)

・買った家は、即売却した。なぜなら、そこにとどまる気にはなれなかったから。(30代/男性/会社員)

・売りました。住宅ローンは残り少なかったので、それに当てて残りは分けた。(30代/女性/会社員)

・元旦那の名義で買って、頭金も住宅ローンも全部元旦那が払っていたので、旦那にあげました。今は売っているかもしれませんね。(30代/女性/パートアルバイト)

・二人とも住んでいません。貸家にして、人に貸しています。その不動産収入は折半です。(40代/女性/専業主婦)

・慰謝料払ってパートナーは出て行ってもらいそのまま住み着いています。(30代/男性/会社員)

・二人で話し合いをして現金をもらうか、家をもらうかで分けました。(30代/女性/会社員

・買った家にそのまま住んでいます。住宅ローンの支払いが残っているので。(40代/男性/公務員)

・旦那が買って、旦那が払っていたので、何ももらえなかった。でも別に、そこに住みたいわけではないので、構わない。売って、お金は欲しかったけど。(30代/女性/会社員)

・妻にあげました。離婚の理由が私にあったため、慰謝料としてわたしました。(50代/男性/公務員)

最も多かった回答が「家を売り払ってそのお金で住宅ローンを返済する、分配する」というものでした。お互いに特に原因がない場合は平等にこの手段を取ることが多いようです。その次に多い回答は「夫が支払いをしていたので、夫が住み、妻が出て行く」というものでした。家の購入は夫名義で、実際の支払いも夫がすることになるので、そのまま妻は権利もなく出て行くしかないということも多いようです。妻が専業主婦の場合は、妻側はこうせざるを得ないかもしれませんね。離婚の原因が片方にある場合は「慰謝料代わりに譲渡する」ケースもありました。基本的にはお金を払う方が強く、離婚の理由を作った方が弱いですが、大抵の家庭では平等に双方に分配されていると言えそうです。

 

家は売却しやすい財産なので、もしものために買っておくと良い?

アンケートでは大半の夫婦が売却を行い、お互いに平等になるように分配をしているという傾向が見て取れました。どちらかに落ち度のある離婚というのは意外と少なく、お互いに妥協点を探り分配しているケースが多いのでしょう。
財産の分配という意味では現金を二分割するのが一番確実でしょうが、家も売却がしやすい資産として、持っておくと離婚時に分配がしやすいと言えそうです。
一度買った以上離婚しないことこそ最も良いでしょうが、家を買っておけば現金化もしやすいので、離婚後の生活で現金がなく生活もままならないという自体も、夫婦互いに防げそうです。

■調査地域:全国
■調査対象:住宅購入後に離婚経験のある男女
■調査期間:2016年6月10日~2016年6月24日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
・住宅購入者100人に聞いた、住宅ローンの返済で一番悩んでいることは?
・購入者100人に聞いた、家を買ったときの“頭金”と“貯蓄額”ってどのくらい?
・家を買うとお金が貯まらない? マイホーム購入前後で月々の貯金額を比較

●住宅ローン情報
今月の【フラット35】最新金利情報を見る
最新金利で住宅ローンシミュレーション【無料】
お近くの店舗で専門スタッフへ相談したい方

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう