相続についての総合情報ポータルサイト「オール相続」を運営するオールバートナーズは、同サイトにて相続に関する様々なテーマについてアンケート調査を実施。調査結果をオール相続ニュースとして公開している。今回は「もし親が住んでいた実家を相続したらどうする?」をテーマにアンケートを行った。

「もし親が住んでいた実家を相続したらどう使いますか?」という質問では、「実家に住まない」と答えた人が59%、「住む」と答えた人は41%だった。住むと答えた人のなかには「リノベーションして住みたい」「退職後に住んでみたい」「実家がなくなるのは寂しいので住みたい」などの回答があった。

住まないと回答したうちの66%が「売却する」ことを希望し、「貸し出す」17%、「分からない・放置」17%となった。これらの回答には「不便な場所にあるので売りたい」「使う人がいないので売却したい」「駐車場として貸したい」「近親者に借りたい人がいるかで決めたい」などの声が寄せられた。売却したいなど、具体的なイメージがある人がいる一方、「分からない・放置」という声もあることが分かった。

売却を希望している人に「なぜ売りたいと思いますか?」という質問をしたところ、「住まない・用途が分からない」が46%と最も多く、「遠い・田舎」23%、「お金が必要」15%、「建物が古い」15%となった。寄せられた回答としては、「兄弟みんな住まないと言っている」「場所は田舎で売るのも難しい」「老人ホームに入居する用の資金にしたい」「築30年以上の建物を誰もほしいとは思わないと思う」などがあった。

出典:「オール相続」2016年5月アンケート 
詳しい調査データはサイトへ【https://all-souzoku.com/article/825/

■調査概要
□調査方法:インターネット
□調査期間:2016年2月~3月
□調査地域:全国
□調査対象:30代~70代の男女
□サンプル数:100人

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう