元々同じ豊島区でタワーマンションに住んでおり、売却を経て、賃貸マンションで暮らしていたKさん。今までのように便利な立地と、これまで以上に快適な暮らしを手に入れるまでを追いました。

◆Kさんプロフィール <名前>Kさん/<性別>男性/<年代(購入時)>40代前半/<職業・業種>会社経営・IT/<雇用形態>経営者/<年収>1,500万/<家族構成>本人/<勤務地>東京都豊島区/<通勤時間>なし/<社会人歴>20年/<転職回数>2回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>1年

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都豊島区/<物件種別>新築マンション/<最寄り駅までの徒歩分数>0分/<間取り>3LDK/<購入価格>8,500万円弱/<頭金>850万円/<住宅ローン返済額>月21万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都北区/<購入前の家賃>16万円/<購入前の間取り>3LDK/

Kさんの前編はこちら>>

<後編>

―――豊島区のタワーマンションを購入したKさん。「南西角部屋」にこだわったことには、ある理由があったようです。

住宅ローンは安定の固定金利で

職業柄、収入が安定しないので、住宅ローンは返済額が一定の固定金利にしたいと考えていました。購入したマンションの販売会社に相談したところ、アルヒ株式会社の【フラット35】Sをお薦めしてもらったんです。始めの5年間は優遇金利が適用できるそうで、0.87%と低金利で借りることができました。頭金は1割の850万円。もっと用意することもできましたが、契約から引き渡しまでの期間が長かったため、手元に十分な現金を残すことを優先しました。

ローン審査中に独立も影響なし!

実は、住宅ローンを契約してから実行するまでの間に職場を辞めて独立したんです。審査に影響が出ないか心配していたのですが、必要書類を提出した1週間後には融資を実行してもらえました。このスピード感が、有り難かったですね。今後は、できれば優遇期間中に繰り上げ返済をしたいと思っています。

全てはねこのために

南西角部屋にこだわって選んだ部屋なので、日当たりがとてもいいですね。ねこを2匹飼っているのですが、向かいのタワーマンションで暮らしていた時、窓辺で丸まって寝ている様子がとても気持ち良さそうでした。新居でも、同じ環境を再現できて良かったです。大きな窓からいっぱいに入る自然光を浴びながら、窓際やソファで日向ぼっこをしています。そんな姿を眺めながら過ごすのが、心地良いですね。

雑種と洋猫、2匹のねこを飼っているKさん。「向かいのタワーマンションで暮らしている時からの家族です」。

雑種と洋猫、2匹のねこを飼っているKさん。「向かいのタワーマンションで暮らしている時からの家族です」。

ONとOFFの切り替えがしやすい家

室内は、黒をベースとしたシックな雰囲気で統一。事前に色合いを選択できたので、落ち着けそうな色を選びました。間取りは前居と同じ3LDKなのですが、当時は仕事部屋やねこのためのスペースを特に設けていませんでした。どうしても散らかりがちでしたし、仕事に集中しづらかった気がします。今はそれぞれ専用の居室を設けたので、仕事とプライベートのメリハリが付けやすくなりました。
また、備え付けの収納が充実しているので、新たな家具を買う必要はほとんどありませんでした。仕事部屋に置く本棚を購入したくらいですね。すっきりと片付けやすく、助かっています。

仕事をするための居室。「今まではねこたちに仕事の邪魔をされてしまうことが多かったのですが、集中できるようになりました」とKさん。

仕事をするための居室。「今まではねこたちに仕事の邪魔をされてしまうことが多かったのですが、集中できるようになりました」とKさん。

プライベートが充実

休日は、学生時代の友人などが遊びに来ることもあります。ロビーのフリースペースやラウンジ、まだ使ったことはありませんが有料のパーティスペースもあるので、10人くらい集まってもゆったりと寛いでもらえて重宝しています。
1人の時間は、夜景を眺めていることが多いですね。南側が一面ガラス窓になっているので、新宿副都心を一望しながら、ねこと寛ぐ至福のひとときを満喫しています。

共用のロビーは、まるでホテルのようなラグジュアリーな空間。大切な友人を招いてもてなすのにぴったりだ。

共用のロビーは、まるでホテルのようなラグジュアリーな空間。大切な友人を招いてもてなすのにぴったりだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう