中古マンションの購入を決めたSさんご夫婦。お住まいの川崎市内で物件探しを続ける中で、上野や浅草まで徒歩圏内の物件と出会うことに……。その経緯を伺いました。

◆Sさんプロフィール <名前>Sさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代後半/<職業・業種>SE・IT/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+猫2匹/<勤務地>東京都港区/<通勤時間>30分/<社会人歴>9年/<転職回数>4回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>1年

◆購入物件情報 <物件所在地>東京都台東区/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>東京メトロ日比谷線「入谷」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>約5分/<間取り>2DK/<購入価格>約3,000万円/<頭金>900万円/<住宅ローン返済額>月7万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>神奈川県川崎市/<購入前の家賃>9万円/<購入前の間取り>1K

Sさん前編はこちら>>

<後編>

―――入谷駅近くの中古マンションを購入したSさん。無理のない金額でマイホームを手に入れて、便利で快適な毎日を送っているようです。

親からの資金援助で負担を軽く

中古マンションの購入を決めて売主さんに値下げ交渉は行いましたが、売主さんはお子様が生まれたために物件を売却し、住み替えを考えているとのこと。そのため「売却したお金でローンを返済しなければならないので」と、値下げ交渉は叶いませんでした。ただ、元々3,000万円程度と割安な価格設定でしたので、納得しています。
中国では結婚をしたければ住宅購入が前提となる代わりに、「子供のためにお金を使う」という考えも浸透しているので、住宅購入の資金援助にも積極的です。裕福な家庭では全額親が出資するケースも珍しくありません。私たちも、ある程度のまとまった金額の頭金を親から援助してもらいました。

ゆとりあるローン返済を実現

住宅ローンは、不動産会社にアルヒ株式会社を紹介してもらい、【フラット35】を申し込みました。日本国籍を取得したあとに住宅ローンを組んだので、審査も無事に通り、ホッとしました。
前居の家賃よりも、毎月の支払額を抑えることができましたので、現在は余裕を持って返済できています。とても安い固定金利で住宅ローンを組むことができましたので、ゆっくりと返済しながら、余裕資金で投資をしても良いかも!? と考えています。

ベッドや棚など、寝室の家具は白で統一。全て夫人がセレクトしたそう。「妻は、ベッドで寛ぐ時間が一番幸せそうです」とSさん。

ベッドや棚など、寝室の家具は白で統一。全て夫人がセレクトしたそう。「妻は、ベッドで寛ぐ時間が一番幸せそうです」とSさん。

引き戸を開けて広々とした空間に

新居は2DKの間取り。建具が全て引き戸なので、空間を有効に使えるところがお気に入りです。2人暮らしなので、ダイニングに隣接する居室の引き戸は普段開けっ放しにして、リビングダイニングのように利用しています。ソファに寝転んでテレビを観たり、パソコンでゲームをしたり、家ではのんびりと過ごすことが多いですね。仕事は家に持ち帰らない派なんです(笑)。
居室はダイニングに続く部屋と、寝室の2つ。その間にはウォークインクロゼットがあり、通り抜けが可能です。どちらの部屋からも物が取れますし、視覚的にも開放感があり、購入時から「面白いな」と思っていました。便利に活用しています。

テレビの上部には、北欧家具店で購入した 3枚の絵をディスプレイ。2人で選んで購入したお気に入りです。

テレビの上部には、北欧家具店で購入した 3枚の絵をディスプレイ。2人で選んで購入したお気に入りです。

オープンキッチンの落とし穴?

キッチンはL字型で、備え付けのダイニングテーブルがあります。普段、あまり料理はせず、夫婦で居酒屋へ行って食べながら飲むことが多いのですが、週に1~2回は自炊をしています。でも、オープンキッチンは中華料理に向かないかもしれません(笑)。炒め物や揚げ物が多いので、家中が油のにおいになってしまうことに、少し悩んでいます。

知り合いから譲り受け、引っ越す前から飼っていたという愛猫の「ミーミー」。中国語で「ニャーニャー」にあたる言葉なのだそう。

知り合いから譲り受け、引っ越す前から飼っていたという愛猫の「ミーミー」。中国語で「ニャーニャー」にあたる言葉なのだそう。

愛猫と暮らす快適な毎日

購入したマンションは、ペットを2匹まで飼えることもプラスポイントでした。以前から1匹飼っていたのですが、引っ越し後に妻が野良猫を拾ってきて、2匹目も飼い始めました。夫婦の会話は自然と、猫たちに関することばかりです(笑)。
1人で過ごす空間も、2人と2匹で寛ぐ空間も快適で、新居はとても住みやすいです。自然と家にいる時間が長くなりました。友人を呼ぶ機会も増え、みんなでお酒を飲むなど、マイホームライフを満喫しています。

【編集部のオススメ記事】

<中古物件×リフォーム・リノベーション>
・世田谷区の中古戸建てをリフォーム再生したTさん
・リノベーション済みの中古マンションを購入したIさん
・川崎市の中古マンションをリノベーションしたNさん

<都心×マンション>
・品川区の中古マンションを購入。都心生活を満喫するUさん

<都心×注文住宅>
・二世帯住宅の自宅を売却、住み替えを決断したKさん

<郊外×新築戸建て>
・公務員宿舎から引っ越して新築建売を購入したNさん
・子育てを重視しつくば市で注文住宅を建てたMさん

<郊外×新築マンション>
・相模原市で2度目の新築マンションを購入したSさん
・資金も物件選びもすべて計画的。さいたま市のMさん

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう