憧れのマイホームや話題のタワーマンションなど購入時には夢も膨らみ、一生に一度の買い物からは大きな満足感を味わえます。その幸福感を持続させるためには、住宅ローンの金利をできるだけ低く抑えたいところでしょう。たとえ1%の違いでも3,000万の買い物を30年ローンで払い続けると、なんと500万円以上の差額が生じてしまいます。それで今回は住宅ローン利用者に、金利タイプに関わらず最新金利をチェックしているのかアンケートしてみました。

【質問】

現在借りている住宅ローンの金利タイプ(変動・固定)に関係なく、最新金利をチェックしていますか?

 

【回答数】

はい:43
いいえ:57

 

■理由は様々?最新金利をチェックしないのはなぜ?

アンケートを実施してみると、最新金利をチェックしているとの質問に、「いいえ」と答えた人が半数を上回り最も多い回答となりました。

・あまり知識がなかったので今までは無頓着だったので今後は気を付けたい。(30代/女性/会社員)
・面倒だから。チェックしたところでたいして変わりがないなら、手間が面倒で変えたりしないと思う。(40代/女性/会社役員)
・年に一度、銀行から送付されてくる返済予定表に利率等が記載されているので、その確認だけをするようにしています。(40代/女性/専業主婦)
・チェックして一喜一憂してもどうにもならないから、なにもしてません。(40代/女性/自由業・フリーランス)
・チェックの仕方がイマイチわからないのと、そこまで変動すると思ってないので。(30代/女性/会社員)

回答を見てみると、チェックの仕方が分からなったり、知識不足によって無頓着になっているケースが多いことがわかります。またどうせ大きな変化はないと考えたり、1年に一度だけ確認するとか、一喜一憂したくないとのコメントもありました。一度大きな買い物するとそこまで細かく金利をチェックするという人は少ないようです。最新金利をチェックしていない人たちは、金利プランの乗り換えや繰上げ返済などにはそれほど関心を寄せていない傾向がありますね。

 

■「はい」と答えた人たちの高い意識が感じられる回答とは?

最新金利をチェックするかとの質問に、「はい」と答えた人たちもいました。それでは、幾つかの回答を紹介します。

・毎月ローンで天引きされるから金利は必ずチェックしてるようにしてる。(30代/男性/会社員)
・マイナス金利などの影響は今後でてくると思うので、金利はチェックしています。(30代/男性/会社員)
・特別金利キャンペーンなどを目にした時は、現在の金利タイプとどちらが良いか比較しています。(30代/女性/会社役員)
・繰り上げ返済等を行うのにどこの金融機関の金利が低いのか確認しタイミングが合えば借り替えを検討出来るから。(30代/男性/会社員)
・チェックすることによってふだんのお金の無駄遣いをなくすため。(20代/女性/会社員)

毎月金利をチェックしていたり、各金融機関の金利プランを比較しているという回答もありました。「はい」と答えた人たちは、住宅ローンの繰上げ返済や他のプランへの乗り換え、特別キャンペーンや特典の利用など金利を低く抑える方法などを常に検討している場合が少なくありません。また最新金利をチェックすることで、意識的にお金を管理して、日々の無駄遣いを避ける狙いがあるようにも見受けられます。

 

■金利を意識して上手に家計をやりくり

今回のアンケートでは、住宅ローンを組む人のお金に対する意識がはっきりと表れる結果となりました。半数以上の人は最新金利をチェックしていませんので、最初の購入以降は比較的無頓着になっている傾向があるのではないでしょうか。一方で、細かく金利の動向をチェックしている人たちは、各金融機関の金利やキャンペーンなどの情報を幅広く得ており、柔軟に対応している様子が分かります。住宅ローンの金利は目に見えないお金であり、意識していないと管理しにくいものです。それでも少しの知識があれば誰でもチェックできる金利ですので、最初から諦めるのではなく、しっかりと把握して日々の買い物と同様に上手にやりくりしたいものですね。

アンケート実施概要
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20歳~49歳の男女(住宅購入経験者)
■調査期間:2016年02月02日~2016年02月16日
■有効回答数:100サンプル
この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう