社宅の取り壊しが決まり、家探しを余儀なくされたIさん。自身を取り巻く環境を冷静に見つめ直した結果、選んだ住まいの形は、リノベーション済みの中古マンションでした。 決断に至るまでの経緯を紐解きます。

◆Iさんプロフィール <名前>Iさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>団体職員・公益法人/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>茨城県つくば市/<通勤時間>30分/<社会人歴>10年/<転職回数>0回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>10年

◆購入物件情報 <物件所在地>茨城県つくば市/<物件種別>中古マンション/<最寄りの沿線・駅>つくばエクスプレス「つくば」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>50分(車で約10分)/<間取り>3LDK+S/<購入価格>1,900万円/<頭金>200万円/<住宅ローン返済額>月2万8,000円(別途管理費・駐車場代2万7,000円・ボーナス払い年2回8万円ずつ)/<住宅ローン>変動金利(半年型)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>茨城県つくば市/<購入前の家賃>2万円弱/<購入前の間取り>3LDK/

Iさんの【後編】はこちら>>

<前編>

社宅が取り壊しに。さぁどうする?

十分な広さがあり、立地にも恵まれた社宅で暮らしていました。家賃もとても安く、そのまま住み続けたかったのですが、取り壊すことが決まって出て行かざるを得ない状況に。賃貸住宅を探すのか、購入するのかも決まっていませんでしたが、長女が幼稚園に入園するまでの間に転居先を決めておきたい気持ちがあり、家探しをスタートしました。

先々のライフステージを見据えた家探し

社宅の取り壊しまで期間に余裕があったので、はじめはショールームなどを見つけると足を運ぶ程度で、本腰を入れた家探しはしていませんでした。実は、私は長男なので、ゆくゆくは自宅を受け継ぐのではないかという想いが片隅にあったんです。先のことを考えると、マイホームの購入がベストな選択肢なのかと悩んでいました。戸建ての建売、新築マンション、賃貸マンションなどあらゆる選択肢を検討し、見学を重ねながら、じっくりと家族の今後を考えました。

リビングダイニングと一続きのスペース。バランスボールでストレッチをしたり、お子様の遊び場にしたりと多目的に使える。

リビングダイニングと一続きのスペース。バランスボールでストレッチをしたり、お子様の遊び場にしたりと多目的に使える。

コストパフォーマンスの高い中古マンションを選択

子どもが2人いるのである程度の広さが必要なことなどを考えて探すと、条件を満たす賃貸マンションは月10万ほどかかります。妻は新築マンションに気持ちが傾いていましたが、予算オーバーに感じました。中古マンションの購入を考える私と、新築マンションが欲しい妻。何度も話し合った結果、間を取ってリノベーション済みの中古マンションを購入することになりました。

 

Iさんが住まいに求める条件は?

夫婦で話し合った条件は「駐車場が2台」「70平米程度だった社宅より広い」「スーパーや公園、学校が近い」「静かな住環境」「日当たりの良さ」「躯体がしっかりしている」「角部屋」と盛りだくさん。さらに、元々文教地区で暮らしていたため、エリア内の学校に通わせてあげたい気持ちもありました。その一方で、高層階への憧れはありませんでしたし、食洗機やディスポーサーといった最新の設備も「あったら便利だろうな」とは思うものの、条件に入れるほどの希望ではありませんでした。譲れない点を明確にできたことで、家探しが前進したような気がします。

 

照明も一つひとつこだわってセレクト。「数が多すぎて、ついつい消し忘れてしまうのが悩みどころです(笑)。」とIさん。

照明も一つひとつこだわってセレクト。「数が多すぎて、ついつい消し忘れてしまうのが悩みどころです(笑)」とIさん。

 

2度目の見学で、マンションを購入!

購入したのは、一棟丸ごとリノベーションをした物件。チラシを見て、見学に行きました。実は、マイホーム購入に気持ちが傾いていない時にも一度、見学していたんです(笑)。様々な物件を見て条件を検討した結果、原点に立ち返りました。
中古マンションとしては、他にももう1件見学し、立地や価格的には魅力的でした。でも、窓を閉めていても自動車の走行音がかなり大きく聞こえ、落ち着いて暮らせるか不安だったので断念しました。実際に足を運ぶことが大切ですね。

決算前のタイミングで価格交渉に成功したIさんの【後編】はこちら>>

●あわせて読みたい記事
・川崎市の中古マンションをリノベーションしたNさん
・相模原市で2度目の新築マンションを購入したSさん
・公務員宿舎から引っ越して新築建売を購入したNさん
・子育てを重視しつくば市で注文住宅を建てたMさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>> 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう