結婚5周年を目前に、新築マンションの購入を決めたMさん夫婦。その理由と、購入のポイントは? 資金計画も交えてお話を伺いました。

◆Mさんプロフィール <名前>Mさん/<性別>男性/<年代(購入時)>40代前半/<職業・業種>通信・営業/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万/<家族構成>夫婦/<勤務地>神奈川県横浜市西区/<通勤時間>1時間20分/<社会人歴>20年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>15年 ※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。

◆購入物件情報 <物件所在地>埼玉県さいたま市/<物件種別>新築マンション/<最寄り駅までの徒歩分数>12分/<間取り>3LDK/<購入価格>5,500万円弱/<頭金>1,000万円/<住宅ローン返済額>月14.3万円(管理費・修繕積立金2.4万円弱・駐車場代が月2万円)(ボーナス払いなし)/<住宅ローン>全期間固定金利型(【フラット35】S)/<住宅ローン返済期間>30年/<引っ越し前の所在地>埼玉県和光市/<購入前の家賃>12万円(管理費8,000円)/<購入前の間取り>3DK/

Mさんの【前編】はこちら>>

<後編>

―――新築マンションを購入したMさん夫婦。購入に至るやりとりを通じて見えてきたのは、“夫の意外な一面”でした。

マンション選びも資金繰りも計画的な夫に驚き

候補に挙がったマンションを比較する際、夫はパソコンに様々なデータを入力。物件価格や管理費の推移、完成時期や駅からの距離といった基本情報に始まり、地盤の強さ、壁や床の暑さや杭の長さといった躯体の強度、デザインや設備など各種条件を一覧にして、総合的に検討していました。
資金面に関しても、外貨や株などで資産運用をしつつ、結婚してから住宅財形で毎月4万円、一般財形で毎月2万円積み立てているなど、私の知らないところでしっかりと貯めていたことを知り、驚くと同時に、ちょっと尊敬しました(笑)。結婚当初にマイホームを購入する気がなかったのも、思えば住宅財形を始めたばかりだったんですね。

先々を見据えたローン計画を

夫が勤める会社の優遇措置を受けやすい、【フラット35】Sを選択しました。当初5年0.97%、5年後からは1.57%に上がりますが、ボーナス払いなし・固定で安定して払っていける範囲内ですので、安定性を重視しました。
月々のローン金額で比較すると、今までの家賃よりも増えているのですが、管理費や住宅財形、一般財形を支払っていたことを考えると月19万円ほど家のために使っていた計算になり、費用負担はあまり変わっていません。生活の質を落とさず、無理なく返済できるという算段がありました。
そうはいっても、夫の年齢を考えると、ローンはできるだけ早く返済したいところ。それぞれの親から合計300万の資金援助があったのですが、頭金に100万円使用。繰り上げ返済に残りの200万円を使用しました。65歳までに返済を終えることを目標としています!

「引っ越して以来、ステンレスのちょっとした汚れも気になるようになって、ちょっとした空き時間についつい磨いてしまいます(笑)。」と奥様。

「引っ越しして以来、ステンレスのちょっとした汚れも気になるようになって、ちょっとした空き時間についつい磨いてしまいます(笑)」と奥様。

 

暮らしの質を左右する日当たりは大切!

購入したマンションは、南側の物件が高めの金額設定。価格差が大きかったため、他の方角の物件の方がどちらかというと人気でした。でも、私はどうしても南向きが良かったんです。洗濯物がよく乾くし、眺望もいいし、日当たりがいいと明るい気持ちで過ごせます。母にも「南側の部屋にしてもらいなさいよ」と囁かれました(笑)。ずっと住む場所なので、後悔は全くありません。
全体的に人気があり、すぐに売り切れてしまうようなマンションだったので値下げ交渉もできませんでしたが、私も夫も納得の住まいを見つけることができました。

家事が楽しく、きれいを保ちたくなる家

前居より広くなったのは勿論、シューズインクロゼットやウォークインクロゼットなど、収納スペースが使い切れないくらいたくさんあって便利です。また、身長に合わせてキッチンの高さを設定してもらったので使いやすく、料理をするのが楽しくなりました。一番いる時間が長いですし、きれいな状態を維持したくなります。ステンレス磨きが、最近の趣味ですね(笑)。
落ち着いた雰囲気を演出するため、家具は1つ1つ吟味しながら選んでいます。ソファやダイニングテーブルは、大きめなソファを選んでゆったりと寛げるようにした一方、ダイニングテーブルは2人掛けのミニマムなサイズを選び、家が窮屈にならないように工夫しています。

傘掛けや鍵置き場も備えたシューズクロゼットには、ロングブーツもすっきりと収まる。「玄関収納も姿見も便利で、身支度しやすいです」と奥様。

傘掛けや鍵置き場も備えたシューズクロゼットには、ロングブーツもすっきりと収まる。「玄関収納も姿見も便利で、身支度しやすいです」と奥様。

 

家でも外でも、充実の毎日

飲食店が近隣にたくさんあるので、仕事で夫婦ともに疲れているときに、ふらっと安くて美味しい店に入れるのがいいですね。休日には買い物スポットがたくさんあるので、電車に乗らなくても一通りのことを楽しめます。
夫は近所で暮らす友だちと会う機会が増え、休日は仲間たちと趣味のフットサルを楽しんでいます。
ちょっと失敗したのは、リビングの続き間に仕切りを設けたこと。実際に暮らしてみると壁をなくして一続きの空間にした方が良かったかもと話しています。いつかリフォームをするときには壁をなくして、もっとゆったりとしたリビングにするのもいいですね。これからも、大切に暮らしていきたいです。

さいたま市で新築マンションを購入したMさん夫婦の【前編】へ戻る>>

●合わせて読みたい記事
・相模原市で2度目の新築マンションを購入したSさん
・品川区の中古マンションを購入。都心生活を満喫するUさん
・リノベーション済みの中古マンションを購入したIさん
・川崎市の中古マンションをリノベーションしたNさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう