ご結婚後に新築マンションを購入したSさんですが、たった数年で買い替えを決意されました。そこにはどんな理由があったのか、詳しくお話を伺いました。

◆Sさんプロフィール <名前>Sさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>大学職員・教育/<雇用形態>正社員/<年収>600~800万/<家族構成>夫婦+子ども3人/<勤務地>東京都世田谷区/<通勤時間>1時間45分/<社会人歴>8年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>2年

◆購入物件情報 <物件所在地>神奈川県相模原市/<物件種別>新築マンション/<最寄りの沿線・駅>JR相模線「番田」駅/<最寄り駅までの徒歩分数>4分/<間取り>3LDK/<購入価格>2,350万円/<頭金>0万円/<住宅ローン返済額>月8万円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン>変動金利(半年型)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>千葉県船橋市/<購入前の家賃>なし(ローン返済月12万円・ローン年2回10万円ずつ)/<買い替え前の間取り>3LDK/

Sさんの【前編】はこちら>>

<後編>

―――自宅マンションを売却し、相模原市のマンション購入を決めたSさん。買い替えならではの苦労もあれば、得られたものも大きかったようです。

買い替えの難しさはタイミングにあり

気になる物件が見つかっても、同じタイミングで売却できなければ購入資金が調達できません。某不動産会社からは、「今月中に売却してください」と言われたこともありましたが、とても無理です(笑)。高く売れる時期と新居の購入期限は必ずしも一致しないので、金額面で妥協しなければならないこともありました。
売却は大手不動産会社にお願いしたのですがなかなか売れず、会社を替えてもダメ。最終的には、購入を決めたマンションのデベロッパーさんなら頑張って売却してくれると思い、関連会社にお願いしました。3,340万円で購入したマンションを、値引き交渉もあって2,600万円で売却。半年くらいでやっと話がまとまり、ホッとしました。
ローンの事前審査は、マンションギャラリーに行った時点で出してもらいました。今住んでいる物件を売却した際にマイナスが出ることも考え、余裕を持った金額で審査を進めてくれていたので、オーバーローンでも審査に通り、無事購入することができました。

広さや収納の問題は、工夫次第で解消

3人の娘がいるので、3部屋は欲しいと思っていました。当初は4LDKの間取りを考えていたのですが、家族が集まりやすい家にしたかったのでリビングを広めにとる3LDKを選択。個々の居室が小さいので、子どもたちのためにできるだけ小さな3段ベッドを購入しました。少し狭いかなと思うこともありますが(笑)、娘たちは楽しんで暮らしているようです。
また、前居ではトランクルームや床下収納があったのですが、新居はミニマムな設備しかついていません。バルコニーに物置を置いたり、2箇所のサービスバルコニーにRVボックスを置いたりすることで対応しています。

ふとした時に外を見ると、お子様が雲の形や月の形の話をすることや、「あ、飛行機!」なんてこともあるそう。「山に雪が積もっている様子もよく見えます。住み替えて本当に良かったです」。

ふとした時に外を見ると、お子様が雲の形や月の形の話をすることや、「あ、飛行機!」なんてこともあるそう。「山に雪が積もっている様子もよく見えます。住み替えて本当に良かったです」。

 

住環境が一変! 充実の毎日

マンション内にプレイグラウンドがありますし、マンション近くに新しい公園もでき、時々出かけています。休日は家でごろごろするのが楽しみ(笑)。リビングで家族とボードゲームをしたり、卓球をしたり、子どもと過ごす時間を大切にしています。
隣近所の方々とは会ったら挨拶するくらいですが、トラブルもなく過ごしています。マンション内に同年代のお子さんがいる家庭が多く、一緒に遊ぶなど、良好な関係を築けています。

新しい環境に大満足

新居から学校までの道のりには川が流れ、公園もあるので、子どもたちは自然を感じながら通学できます。「川に鴨が泳いでいたよ」と報告してくれる子どもを見ると、のびのびと子育てができて良かったと思いますね。休日は相模川へ泳ぎに行ったり、川のほとりでバーベキューをしたり、「キャンプ場銀座」と呼ばれる一角で焚き火をしたりと楽しんでいます。適度な田舎なので、自然を満喫しながらも、生活に必要なスポットが一通り揃っていて暮らしやすいです。ラーメン屋さんや高座豚の店など、飲食店にも困りません。
今の目標は、家族で登山に挑戦すること! 丹沢山に登りたいですね。高尾山や大山が近いので、まずはそこから始めようかと思っています。JAXAも近いので、見学に行ってみたいですね。

休日はリビングにダイニングテーブルを移動し、ネットを張って卓球をすることも。「ダイニングテーブルは大きなものに買い直しました」。

休日はリビングにダイニングテーブルを移動し、ネットを張って卓球をすることも。「ダイニングテーブルは大きなものに買い直しました」。

 

失敗は成功のもと

買い替えをして後悔していることは全くありませんが、1軒目のマンションを無計画に購入してしまったことは、ちょっと失敗でした。でも、そんな経験も含めて人生を楽しんでいます(笑)住んでみないと分からない部分も大きいので、勉強代だと思っていますね。
むしろ、結果論ではありますが、60代前半でローンを払い終えることができるので、結果オーライです。住宅購入を考えている方には、早めの決断をオススメします!

2度のマンション購入を経て、相模原市へ引っ越したSさんの【前編】へ戻る>>

●合わせて読みたい記事
・資金も物件選びもすべて計画的。さいたま市のMさん
・公務員宿舎から引っ越して新築建売を購入したNさん
・品川区の中古マンションを購入。都心生活を満喫するUさん
・リノベーション済みの中古マンションを購入したIさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう