多彩な家電の登場により、自動化された家電は多く、ロボット掃除機やネットスーパーなどを活用している人も増えている。しかし、まだまだ家事に時間を奪われている人も多いはず。そこで、オウチーノ総研では、首都圏在住で20~59歳の働く既婚女性に「家事に関するアンケート調査」を行い、家事や「家事の自動化」についてどう考えているのかを調査した。

kajibunntann660

最初の質問は、「夫とどれくらい家事を分担していますか?」。日頃のすべての家事を100として自身・夫・その他(親・義親、子ども、家事代行など)、それぞれが担っている割合を回答してもらったところ、平均を出すと自身が73.9、夫が20.7、その他が5.4という結果になった。妻の負担が圧倒的に大きいことが分かる。

「家庭で、すでに自動化している家事は何ですか?」という質問には、「食事の片付け・食器洗い(食洗器など)」が15.1%、「部屋の掃除(ロボット掃除機など)」が9.7%、「洗濯を干す(乾燥機など)」が8.1%、「買い物(ネットスーパーなど)」が7.7%だった。続いて、「あなたが自動化したいと思う家事は何ですか?」という質問では、「風呂掃除」が54.5%、「トイレ掃除」が51.8%、「部屋の掃除」が40.3%と続いた。

また、「自動化したくない・自分の手でやりたいと思う家事は何ですか?」の質問には、「料理」が31.4%と最も多く、次いで「買い物」が18.6%、「ペットの世話」が17.5%、「トイレ掃除」が16.4%となった。

最後に、「仮に家事を自動化した場合、空いた時間を最も何い使いたいですか?」と質問したところ、「家の中で1人で過ごす時間」が15.0%と最も多く、「運動・健康維持」が11.6%、「1人で外出する時間」が9.5%、「子育て・子どもとの時間」と「勉強・資格取得」がともに6.3%だった。1人で過ごす時間を望んでいる人が多いという結果になったが、家事を自動化することで時間が空くだけでなく、心に余裕ができるなど得られるものも大きいと思われる。

詳しい調査結果についてはこちらへ。http://www.o-uccino.jp/article/archive/kurashi/20151225-souken/

■調査概要
□有効回答:首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で20歳~59歳の働く既婚女性813名 
□調査方法:インターネットによるアンケート調査
□調査期間:2015年12月16日(水)~12月23日(水)
この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう