自分の家を持つことに憧れる人は多いでしょう。実際に一戸建てやマンションなど、マイホームを購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを利用するのではないでしょうか。住宅ローンでマイホームの購入資金を借り入れる場合、必ず金利がかかりますが、その金利にはいくつかの種類があり、大きく分けると変動と固定に分けられます。そこで今回、住宅ローンを利用した人にどの種類の金利を選んだのかを調査してみました。 

【質問】

住宅ローン金利の種類を教えてください

 【回答数】

第1位:変動金利:33%
第2位:【フラット35】:29%
第3位:10年固定:23%
第4位:その他の固定金利:7%
第5位:5年固定:5%
第6位:ミックス:3%
第7位:2年固定:0%

 

■今、とにかく低い金利を選ぶなら変動

アンケートの結果、住宅ローン金利のタイプで最も多かったのは変動金利でした。

・固定型にすると、金利が高くなり変動型にしても何年間に一度見直しされるのでそこまで高くならないと思ったからです。(30代/男性/会社員)
・今は金利が安いので変動金利にしておく人が多いと聞いた事があったから。(30代/女性/専業主婦)
・住宅購入の際に不動産会社へローンの相談をした時にすすめられたのが変動の金利でした。(40代/女性/パートアルバイト)
・金利が固定金利に比べて低かったので。そんなに変動しないだろうと言われたので。(30代/女性/専業主婦)
・住宅ローンを組んだ時、変動金利の利率が一番低かったから選びました。(30代/男性/会社員) 

変動金利は、その名前のとおり、借入をしている間に金利が変動していきます。金利が低い状況では、固定金利よりも変動金利の方が低くなることが多く、その特徴を、長所として捉える人は変動金利を選ぶ傾向にあるようです。借入を決める時点では変動金利の方が低くても、その後の状況によって金利がどのように変わっていくのかはわかりませんので、変動金利を選択するのであれば、金利が上昇することも想定しておく必要があるかもしれません。

 ■金利に振り回されたくないなら固定を

 変動金利に次いで多かったのは、全期間固定金利の【フラット35】でした。その他には、10年固定、5年固定、ミックス、3年固定、などの答えが挙げられました。

・社会情勢や景気の動向で、長い年月の間にどのような変化が金融に起こるかわからないので、【フラット35】に。少々金利の変動はあっても安心感を選びたかったから。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・変動だと急な急激な金利上昇のリスクが怖いので、10年固定の金利にしました。(30代/男性/会社員)
・5年固定を選びました。今後しばらくは金利が下がることはないかなと思ったので。逆に上がってしまっても困りますし。(30代/女性/パートアルバイト)
・一つに絞るのは怖いと思ったのでミックスにしました。大きな損にはならないはずだと思ったから。(40代/男性/パートアルバイト)
・3年固定です。変動金利は毎月いくらになるかわからないので不安だし、勧められた3年固定にしている。(30代/女性/専業主婦)

【フラット35】は、変動金利に次いで人気のある金利のタイプのようです。【フラット35】は借入している全期間で金利が固定されているので、他の金利タイプに比べて返済計画が立てやすくなるでしょう。他には、固定期間の長さによって、10年、5年、3年、またはミックスなどがあります。固定を選択する人の多くは、金利上昇のリスクを少しでも避けたいという考えがあるのではないでしょうか。

■変動か固定か、今の段階で正解はわからない

金利が低くなっている現在の状況を考えると、固定より金利の低い変動の人気が高くなるのは当然なのかもしれません。その一方で、現在の金利の数字ではなくて、先々の返済計画の立てやすさを考えて【フラット35】や固定期間が決められたローンを選ぶ人もいるようです。しかし、この先の金利の推移を予測することができない以上、変動と固定のどちらが正解なのかは、結局のところ、ローンを払い終わるまではわからないのではないでしょうか。だとすれば、これからの自分の収入や教育に必要なお金などを踏まえて、生活の水準を維持しつつ返済していくことができる選択が大切になるでしょう。

 

アンケート実施概要
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20歳~49歳の男女(住宅購入経験者)
■調査期間:2015年11月10日~2015年11月24日
■有効回答数:100サンプル
この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう