今年最も魅力的であったリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015」の授賞式・トークイベントが11月8日(日)に港区北青山で開催された。

このコンテストは、消費者が安心して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に2009年に発足した「一般社団法人リノベーション住宅推進協議会」が開催したもので、今年で3年目を迎えた。部門は、消費者の関心の高い施工費別に<500万円未満部門>、<800万円未満部門>、<800万円以上部門>、<無差別級部門>の4部門を設けている。

今年は全国からエントリーされた計154作品を、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスしてSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)で一般ユーザーの声を取り入れながら一次審査をし、48作品をノミネート選出した。その後、新聞や雑誌などの住宅系媒体の編集者ら8名で構成された選考委員が最終審査を行い、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞4点、特別賞7点を決定。「リノベーションEXPO JAPAN 2015」イベント内で発表・表彰した。

総合グランプリを受賞したのは、『こどもたちの駅前ひろば「ホシノタニ団地」』(株式会社ブルースタジオ)。空き家が社会問題となっている郊外住宅団地の再生を行った作品だ。選考委員長の島原万丈氏によれば、「住宅単体に留まらず、地域の再生まで射程することが解法のモデルとなることを、団地の広大な空地を駅前公園としてエリアに開くという鮮やかな手法で見せてくれた」また、「リノベーションの概念を次のステージまで引き上げた作品と言えるだろう」と講評の中で語っている。

この他にも、部門別最優秀作品賞では、<500万円未満部門>で『ノスタルジック秘密基地』(株式会社シンプルハウス)、<800万円未満部門>は『守口の長屋~まるで露天風呂~』(株式会社アートアンドクラフト)、<800万円以上部門>は『「特別などこか」へ行かなくても、日常こそが特別な暮らし「井の頭の家」』(株式会社リピタ)、<無差別級部門>は『リノベーションの全ステップを実際に体験できるワークショップ「DIY®SCHOOL」』(9株式会社)となっている。

作品については、http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/で確認できる。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう