東京都国分寺市から茨城県つくば市へ引っ越し、注文住宅を建てることを決めたMさん。子育てのための新居とおっしゃるMさんが、初めての家づくりとあって悩んだことや大変だったことも少なくないようです。こだわりの詰まったマイホームが完成するまでをお伺いしました。

◆Mさんプロフィール <名前>Mさん/<性別>男性/<年代(購入時)>30代前半/<職業・業種>出版・広告の編集制作/<雇用形態>正社員/<年収>400~600万/<家族構成>夫婦+子ども2人/<勤務地>東京都千代田区/<通勤時間>1時間/<社会人歴>10年/<転職回数>1回/<勤務先の社歴(ローン実行時)>3年

◆購入物件情報 <物件所在地>茨城県つくば市/<物件種別>注文住宅/<最寄りの沿線>つくばエクスプレス/<最寄り駅までの徒歩分数>6分/<間取り>4LDK+S/<購入価格>4,000万円/<頭金>800万円/<住宅ローン返済額>月8万6,000円(ボーナス払いなし)/<住宅ローン>変動金利(半年型)/<住宅ローン返済期間>35年/<引っ越し前の所在地>東京都国分寺市/<購入前の家賃>10万円/<購入前の間取り>2LDK/

Mさんの【前編】に戻る>>

【後編】

無理のない資金計画を熟考

これからずっと付き合っていかなければならない住宅ローンは、月々の返済額をいくらにしたら良いのか悩みました。無理なく返済できる金額にしたい一方で、子どもたちのことを考えるとできるだけ早く返済したい気持ちもありました。金利は変動か固定か、借入先はどこがいいのか、さまざまな住宅ローンの商品がある中で、一番自分にはどれが合うのかなど、かなりの時間をかけて検討した結果、不動産会社が紹介してくれた、金利優遇が受けられる地元の銀行で変動金利のローンを選択。頭金を両親が援助してくれたことも大きく、現実的な返済額に設定できたと思います。

家づくりの舵取りをする難しさ

注文住宅は、間取りや内装、設備、収納のサイズに至るまで、自由設計で建てられることが大きな魅力です。でも、納得できる住まいにしたいと願えば願うほど、ハウスメーカーの担当者とやりとりをする回数は増えますし、決めることも増えていきます。この期間は、楽しくも本当に忙しかったですね。特に我が家の場合、妻の妊娠中に家づくりをすることになったので、妻の要望を聞き、担当者へ伝え、再び妻にフィードバックする必要もあり、正確な内容を伝えるのが大変でした。妻に分厚いサンプル本やカタログを全て郵送する訳にもいかず、設備や素材の色や質感を細かく伝えきれなかったこと、実物を見て決めて貰うことができなかったので、例えば物干しの高さをベストな位置に設定できなかったことなど、いくつか後悔している点はあります。毎週、国分寺とつくばの往復で、高速代やガソリン代もかなり掛かりました(苦笑)。苦労は多かったですが、いっぱい悩んでたくさん話し合った分、自分たちにぴったりの家づくりができたと思います。個人的には、寝室の壁一面に張ったアクセントクロスがお気に入りです!

FullSizeRender

奥様の要望で、寝室の壁紙には落ち着いたトーンのクロスを採用。シックな装いになり、夫婦ともお気に入りだそう。

 

家庭内プレゼンで予算を調整

打ち合わせに同行できない妻からは、メールや電話で様々な要望が届きました。担当者と打ち合わせを重ねていると、「これ以上オプションを増やすと予算オーバーだな」という感覚が分かるのですが、その場にいない妻はどうしても、夢が膨らんでしまいますよね(笑)。できるだけ想いを叶えてあげたい気持ちはあったのですが、全て網羅しようとすると費用が跳ね上がってしまいます。どうしても実現が難しそうな場合は、「家庭内プレゼン」をして、何とか折り合いをつけました(笑)。また、リアルタイムでハウスメーカーへ希望を伝えられず、希望の反映が間に合わなかったこともあり、ちょっと反省しています。

広い庭にはウッドデッキを自作。Mさんがホームセンターで材料を買って塗装し、組み立てたそう。「家族で日向ぼっこしたり、お茶をしたり楽しみたいですね」。

 

こだわりの詰まったマイホームが完成

住宅購入に向けて動き出してから2年ほどの歳月が掛かりましたが、私たちが希望していた、子どもたちがのびのびと暮らせる住まいになりました。こだわりは天板を広くとったカウンターキッチンや広い庭、大きなリビングと和室や子どもの遊び場が一続きの間取り。収納スペースも充実させました。モデルルームを回った際に見た間取りや収納のアイディアを参考にしたり、建築事例のWEBサイトを熱心に研究したり、今後子供たちが成長していくと増えていくであろう荷物をしまい切れる量の収納を作ってもらいました。ハウスメーカーの担当者に、「ここまで収納にこだわった人はいないですよ」と言われたほど(笑)力を入れたので、子育てや家事がしやすい家を作り上げることができました。

ナチュラルモダンのデザインに加え、機能性も高い外観。気密性・断熱性の優れた外張断熱工法を採用しているので、「前居のアパートとは比べ物にならないほど快適」とMさん。

 

子どもたちは元気いっぱい。ママ友との交流も活発に

この分譲地には家族構成が同じようなご家庭が多く、私たちの子どもと同年代のお子さんもたくさん暮らしています。新居に越してからは、あっという間にママ友の輪が広がりました。庭で子供たちを遊ばせながら立ち話をしたり、家に呼んでお茶をしたりと楽しそうです。子どもたちが大きな声を出したり、走り回ったりしても近隣に迷惑を掛けることがなく、目一杯遊んでいる姿を見ていると嬉しくなります。先日は、友達を呼んで自宅の庭でバーベキューを楽しみました。マイホームがあると、休日の楽しみが広がりますね。

つくば市で新築戸建てを購入したMさんの【前編】へ戻る>>

 

●あわせて読みたい記事
・【都心×注文住宅】二世帯住宅の自宅を売却、住み替えを決断したKさん
・【相模原市×マンション】船橋から引っ越して2度目の新築マンションを購入したSさん
・【つくば市×新築建売】公務員宿舎から引っ越して新築建売を購入したNさん
・【世田谷区×中古戸建て】家族5人で快適に過ごすためにリフォーム再生したTさん

●住宅購入を検討中の方向け
・住宅購入者の“年収”と“購入価格”から購入者事例(イエトヒト)を調べる>>

この記事が気に入ったらいいね!しよう
イエトヒトマガジンの最新記事をお届けします
この記事を友達にシェアしよう